”本当に”健康になるための情報をお届けしています!

健康になるためのブログ

【警告が現実に】フランスでは保守派から左派まで「空爆」に反対していた。「空爆はテロを根絶せず、フランスを狙うテロの危険が増すから」

投稿日:

jtgffrr

スポンサーリンク

http://www.france10.tv/international/3884/

オランド政権がイラク&シリア領土内のイスラム国・空爆に荷担したことについて、首相経験者や政党党首、国民議会議員(下院議員)、欧州議会議員などから反対の声が続続と上がっている。理由は大別して3つある。

(1)軍事介入によってフランスを狙ったテロの危険性が増す

ドミニク=ドヴィルパン元首相は9月29日にRTL(フランス国営ラジオ)の番組に出演して、

「空爆にフランスが参加することでわたしたちはますます危険にさらされることになる。これは明白な事実だ。空爆によって世界各地に散らばるテロリストをわが国に呼び込むことになる」

(2)空爆は問題を解決しない

ドミニク=ドヴィルパン元首相はさらに「軍事介入はテロリズムを育成・醸成する」と指摘した上で、「この種の空爆や軍事介入によって、テロリスト集団の除去という私たちが期待する結果はもたらされないと、我々は過去の経験から知っている。50-60年の経験から、いやここ10年の経験だけでも、軍事介入はテロを根絶するのでなく、テロの土壌をつくってしまうのは明らかだ」と付け加えた。

Dominique de Villepin: "Nous ne pouvons pas gagner la guerre contre le terrorisme".- CSOJ 26/09/14


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

警告する人は9.11後の世界を見ていれば当然起こるべきことを言っていて、結果として当然のこと(テロ)が起こってしまったということです。ですから、空爆を行ったオランド大統領の責任は限りなく重いことになります。

そして、これはどこかの国にも当てはまりますよね。過去の過ちから当然帰結すべきであろう事柄を警告する人が多数いるのに、それを振り切って突き進む奴らがいます。そして、突き進めば当然の結果(戦争)が待ち受けています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.