”本当に”健康になるためにシンクタンクとして提言します。

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【残念】元大関・貴ノ浪急性心不全で死去。周囲の批判をスルリとかわし「貴ノ浪相撲」で勝ってしまう魅力的な力士でした。

投稿日:

spo1506200049-p2
大相撲の元大関貴ノ浪の音羽山親方(本名浪岡貞博=なみおか・ただひろ)が20日午前10時55分、急性心不全のため大阪府内で死去しました。

元大関・貴ノ浪急死…まだ43歳 豪快相撲で若貴と人気けん引http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/06/21/kiji/K20150621010580090.html

大相撲の元大関・貴ノ浪で、幕内優勝2回を記録した音羽山親方(本名・浪岡貞博さん)が20日、大阪市内のホテルで急性心不全のため死去した。43歳だった。現役時代は「若貴」とともに相撲人気をけん引。引退後の06年1月には心房細動、敗血症、重症肺炎などを併発し緊急入院。一時心停止に陥るほどだったが、その後、回復した。2月からは日本相撲協会の審判委員に起用され、土俵下で目を光らせていた中、早すぎる最期となった。関係者によれば、遺体は同日深夜、大阪から名古屋の斎場に搬送された。

クレバーで飄々、実は感激屋 元大関貴ノ浪が死去http://www.asahi.com/articles/ASH6N61DVH6NUTQP02B.html

相手に懐に飛び込まれ、2本差されて胸元に頭をつけられる絶体絶命の形。でも貴ノ浪の相撲は、ここからだった。相手の肩越しに上手をつかんで、あるいは両腕を抱え込んで、自分十分の形にできる規格外のスケールが魅力だった。基本からほど遠い自身の相撲を「良い子はマネをしちゃいけない相撲」と評した。

貴乃花親方も困惑 気丈に振る舞うも「悔やみきれない」

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/06/21/kiji/K20150621010581720.html
音羽山親方の急死に所属する貴乃花部屋の師匠・貴乃花親方(元横綱)も困惑していた。部屋で一報を聞くと急いで大阪へ向かい、相撲協会などへの連絡と対応に追われた。

 問い合わせに対して「これから相撲協会からちゃんと連絡が行きますから」と気丈に振る舞った一方で、親交が深かった音羽山親方の急死に「悔やんでも悔やみきれない」と漏らした。

武蔵川親方(元横綱武蔵丸)

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sumo/news/CK2015062102000172.html
音羽山親方は異能力士と呼ばれたが、武蔵川親方は「やれと言ってできるもんじゃない。あれは個性。持ち味。すごかった。あんな個性ある力士は今いない」と振り返った。

2010年1月。貴乃花親方が初めて理事選に立候補した。誰が貴乃花親方に投じたか分かるように、投票用紙を立会人に見せようという一部の主張に対し、音羽山親方は「そういうことがあったら恐ろしい。ちゃんとやってもらわないと。そうでなければ、選挙後に文科省へ報告することになる」と猛反発した。この意見が文科省の耳に届き、公正な選挙により貴乃花親方は当選した。


以下ネットの反応。

絶対不利な体勢から貴ノ浪しかできない「ありえない」相撲で勝ってしまい、毎度同じ批判をする解説陣を黙らせてしまうのが痛快で、若い頃に好きな力士でした。貴ノ浪は体が大きいのにクレバーで、飄々としていて、曲者という、本当になかなかいない魅力的な力士でした。

現役を引退したのも病気だったようですし、タバコ・酒が好きで、薬なども大量に飲んでいたようです。相撲と一緒で「貴ノ浪流」で豪快に生ききった人生ということでしょうか。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

「健ブロ」をシェア・拡散して健康な社会を取り戻そう!

-芸能人の病気など
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.