”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【売国&超差別発言】何が保守だ!何が先生だ!自民・丸山議員「日本が米51番目の州、有り得る」「黒人奴隷が米大統領」

投稿日:2016/02/17/ 08:50 更新日:

ffeffggggggffeeffeewweeeetthh

ffeffggggggffeeffeewweeeetthhhh

ffeffggggggffeeffeewweeeetthhhhtt

ffeffggggggffeeffeewweeeetthhhhttyy

スポンサーリンク

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2705537.html
「例えば、日本がですよ、アメリカの第51番目の州になるということについてですね、例えばですよ、憲法上どのような問題があるのかないのか。例えばですね、そうするとですね、例えば集団的自衛権、安保条約って、これ全く問題ならないですね。『日本州』の出身がアメリカの大統領になる可能性が出てくるということなんですよ。ということは、世界の中心で行動できる日本という・・・まぁ日本とはそのとき言わないんですけど、これは有り得るということなんですね、バカみたいな話すると思われるかもしれませんが」(自民党 丸山和也参院議員)

 自民党の丸山和也議員は17日の参議院憲法審査会で、このように「例えば」などと何度も断りを入れながらも「日本がアメリカの51番目の州となることは有り得る」などと発言しました。

 丸山議員はこの後、記者団に「アメリカの良いところももっと見習ってやったらいいじゃないかと感じてもらうために言った」などと釈明しましたが、国会議員が国家としての独立を否定するとも受け取られかねない発言をしたことは、物議を醸しそうです。

http://www.asahi.com/articles/ASJ2K5SMJJ2KUTFK00L.html
自民党の丸山和也参院議員は17日の参院憲法審査会で「アメリカは黒人が大統領になっている。これ、奴隷ですよ。建国当初、黒人、奴隷が大統領になるなんて考えもしない。ダイナミックな変革をしていく国だ」と述べた。丸山氏は審査会後に記者会見し、「誤解を与える発言をして申し訳ありません」と述べ、審査会での発言すべてを撤回する考えを表明した。

 オバマ米大統領はアフリカ系(黒人)初の大統領だが、ケニアから米国に留学した黒人の父親と白人の母親との間に生まれている。

 また、丸山氏は審査会で「アメリカの51番目の州になることについて(日本国)憲法上、問題があるのか、ないのか」とも参考人に質問した。「(米国の州になれば)集団的自衛権、安保条約はまったく問題にならない。拉致問題すら起こっていない」とも述べた。

丸山議員の憲法審査会発言に「暴言」批判 撤回謝罪(16/02/17)


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

ただのバカじゃねーか。マジでこんな政治家あり得んぞ。

究極の売国発言してるんですけど、自称保守の皆さんはこんな政治家を許せるんですか?(薄笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.