”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【避難できないのに】田中俊一委員長「原発に問題ない」原子力規制委員会臨時会議

投稿日:2016/04/18/ 01:01 更新日:

uuyrrwwee

uuyrrwweeww

スポンサーリンク

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016041801001450.html
原子力規制委員会は18日、熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震を受けて臨時会合を開き、事務局の原子力規制庁が九州、中四国地方にある4原発で観測された地震の揺れを報告した。

 地震の揺れの大きさを示す最大加速度は、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の20・3ガルが最も大きく、いずれの原発も原子炉が自動停止する設定値を下回っていた。

 田中俊一委員長は会合の冒頭で「原発施設などで特段の問題は生じていないが、情報を整理して発信するのが適切と考えた」と述べた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

電力は充分、足りなければ融通可能、それでも足りなければ工場などを一時停止してもらえばよい。
今後中央構造線で巨大な地震が起こる可能性は十分に考えられる。
検査のため。
免震棟もお金がかかるから作らなかった。

などなど原発を停止する理由はいくらでもありますが、まず絶対的に言えることは原発稼働の前提である避難計画が崩れている時点で即時稼働ストップというのは間違いないという事です。

新幹線は復旧のめどは立っていない、最低限の食料も運べないほど道路はズタボロなんですから、九州の人はいざ原発がヤバくなったらどうやって逃げるんですか?

それを「無視」して稼働させる政府と規制委員会の面々の罪は万死に値すると言っても過言ではありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-エネルギー・原発・放射能, 政治経済, 災害・気象情報
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.