【TPP】政府・与党内「与党だけで強行採決もやむを得ない」審議日程が窮屈&新農相らの答弁能力も未知数のため

公開日: : 政治経済, 社会問題

a94524414fbf3705d7bb7720e972cc2d

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00010001-agrinews-pol
環太平洋連携協定(TPP)承認案の審議が、9月召集の臨時国会で再開する。11月8日の米大統領選までの衆院通過を目指す政府・与党。だが民進党代表選の影響で召集日は26日にずれ込む見通し。審議日程が窮屈になり、強行採決の可能性もある。

与党側は、衆院通過までに、通常国会(約23時間)と合算して40時間程度の審議を想定する。だが野党はゼロからやり直すとの考え。8月に就任した山本有二農相らのTPPへの答弁能力も未知数で、政府・与党内には「与党だけで強行採決もやむを得ない」との指摘もある。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

もう恐ろしすぎますな、国会始まる前から「強行採決予告」です。すべてを数の暴力で終わらせる気満々ですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    多国籍企業の利益にのみ一途に突っ走る与党自民党。

    国家を売り渡すためにのみ存在する悪党。

  2. 匿名 より:

    ヒゲの隊長と新人のビーチバレーが国会で暴れまわるのか(笑)

  3. 芋っち より:

    これって、アメリカ様も批准見通せないのに、日本一国で採決して今後、どうなるの?

    数の暴力、、、TPP、共謀罪、憲法改正発議、その他。

    やる気?
    んで、まだ支持率 60% 超え?

  4. 匿名 より:

    関税自主権の放棄は弱者の死につながる
    ヨーロッパで実証済み
    イギリス国民はNOを突き付けた

  5. 匿名 より:

    武器を振り回せば勝つに決まっている。
    こんなの政治力じゃないだろ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑