【デフレ回帰】「2000円で本気飲み」均一価格居酒屋のブーム再び!⇒2年で2%のインフレに失敗した日銀・黒田総裁「コントロールできない外的要因がなければ2%に近づいていた」

【デフレ回帰】「2000円で本気飲み」均一価格居酒屋のブーム再び!⇒2年で2%のインフレに失敗した日銀・黒田総裁「コントロールできない外的要因がなければ2%に近づいていた」

公開日: : 政治経済, 社会問題

kinitsu1


eedddrrrreeeerrrrrreewwee

eedddrrrreeeerrrrrree

eedddrrrreeeerrrrrreeww

eedddrrrreeeerrrrrr
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2874082.html

「コントロールできない外的要因、そういったことがなければ(物価上昇は)2%に近づいていた」(日本銀行 黒田東彦総裁)

 原油価格の大幅な下落や消費増税による個人消費の低迷など「想定外の出来事が相次いだ」と強調したのです。

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12180-450566/
 いま、外食業界では消費者の節約志向の高まりを背景に、低価格メニューを売りにした店に人気が集まるデフレ回帰現象が起きている。そんな中、ブーム再来とばかりに熱い戦いが繰り広げられているのが「均一価格居酒屋」だ。

「いまは日高屋や吉野家など大手外食チェーンが次々と“チョイ飲み”業態を展開して居酒屋から客を奪おうと必死です。もはや、かつてのように客単価が3000円以上もするような飲み業態は注目されない時代です。

 2000円も出せば質の高い料理がお腹いっぱい食べられ、しかも“本気飲み”ができるぐらいでないと均一価格の感動は与えられないでしょう」


以下ネットの反応。

庶民(消費者)にとっては「デフレ万歳」ですから、均一価格居酒屋ブームは大歓迎ですね。

金を大量に刷って市場に金を出せばインフレ(物価上昇)になって、金が動いて経済回復するなんて夢のような話は夢だったという事ですね。日本銀行はその夢物語を追い続ける宣言したわけですが・・・そして、当然地獄の副作用の可能性も・・

物価上昇させるためには「賃金」上げなきゃ無理、先立つものがなければどうしようもありません。それか高値でも売れるようなよっぽどイイモノ(メイドインジャパンみたいな)作れるような環境を政府が作り上げなきゃ無理です。

しかし、均一価格居酒屋って一度は下火になってたんですね。全然知りませんでした。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    安倍と黒田が責任のなすり付け合いを始めたのね
    責任転嫁は日本人の国技だから仕方ないね

  2. 視聴者 より:

    責任転嫁といえば「部下が勝手にやった」「高齢の年齢がいけない」「私はしらない」「あそこは伏魔殿だね」「病気のために入院します」「そういう時代だったんだ」

    まもなくこの先の黒田の逃げるための言い訳を予想しました。

  3. 匿名 より:

    見苦しいんだけど(怒)
    安倍と黒田、二人仲良く責任とれよ

  4. 芋っち より:

    二人して鴨居からぶら下がれ!
    アーメン。

  5. 匿名 より:

    普通に考えて、
    マトモに育てた鶏や野菜、マトモに作った酒を、
    マトモな運搬業者を経て、
    マトモな給料の支払われている従業員が提供した場合、
    270円均一などで利益が出るなんて事はあり得ません。
    ハッキリ言います、あり得ません。

    お金が無いのに高望みばかりできませんが、こんな店が蔓延することはとても歓迎できる事ではありません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑