”本当に”健康になるためにシンクタンクとして提言します。

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【サルでもわかる】戦争法案がいらない3つの理由とは?

投稿日:2015/07/16/ 09:22 更新日:

vc

本日「戦争法案」が衆議院を通過しました。国民の多くが「ノー」と言っている中での暴挙であり到底許されるものではありません。ただ、まだ一部の国民の間では「戦争法案が必要」と思われているのも事実です。

そこで、今回は「ネトウヨに捧ぐ!サルでもわかる戦争法案がいらない3つの理由」と題しまして、戦争法案がいかに必要のないものか示していきたいと思います。

もちろん「戦争はダメ」「違憲だからダメ」「アメリカのための法案だからダメ」「軍需産業のための法案だからダメ」ということだけでも戦争法案はまったく成り立たないですが、今回はあえて安倍政権とネトウヨくんたちが論点にしている「アジアの脅威があるから戦争法案は必要なんだ」というところに論点を絞ります。

1.安倍政権が言っているようなアジアの脅威はない
2.もしアジアの脅威があるのなら自衛隊が日本を離れた時が一番危険
3.米国は日本(人)を助けてくれない

スポンサーリンク

1.安倍政権が言っているようなアジアの脅威はない

原発にミサイル落とされることのほうが危機・「存立危機」は存在しない

「自民党議員は『保守』ではなく『ネトウヨ』」安保法案・小林よしのり氏に聞く(上)http://www.bengo4.com/other/1146/1287/n_3381/

法案を通したい人たちは、もはや一国では守れない世界になりましたという。でも、これは全くのウソ。軍事同盟を結んでない国って、世界にいくらでもあるわけ。それで、国は守れないっていうのはウソなわけ。ペテンのプロパガンダだよ。

ーーどういうプロパガンダなのか。

やつらのプロパガンダは「国際安全保障環境が非常に厳しい状態になった」「激変しています」っていうわけ。これがまたペテンなんでね。国際安全保障環境がものすごいきびしいって・・・冷戦時代のほうがすごかったよ。米ソが核開発競争をやってたときは、明日にも核戦争が始まるってぐらいの感覚だった。

ワシが子どもの頃なんかは、いつ核戦争が始まるんだろう、って思ってたよ。子どもがだよ。テレビや新聞でも、核戦争による人類滅亡までの危うさを示す「世界終末時計」なんていうものが「人類滅亡まであと2分」って報じていた。

もっというなら、日本海側に原発がぶわーっとあるでしょ。ここにミサイルが落とされたら終わりでしょ。これのほうが危機だよ。日本の一番の危機は、ここにミサイル落とされておしまいってことよ。ノドンだろうとなんだろうと。それでもう終わりなんですよ。

ーー政府が主張している「存立危機」をどう考えればいいのか。

政府は、さっき触れたような話を全く言わないで、尖閣諸島の無人島を取られることが存立危機だとか言ってる。

スクランブル発進が多すぎると言うけど、あそこは日中間で棚上げ合意がされていたところを、日本側が刺激した。そうなったら、にらみあうのは前提で、その緊張感に耐えないと仕方ない。

万が一、仮に中国がシーレーンを封鎖したら、存立危機がくるかもしれないよ。でも、シーレーン封鎖を中国がやりはじめたら、これはもう周辺諸国への宣戦布告になる。中国もそんなことは絶対にしない。

中国経済は崩壊しつつあるし、中国はこれから国内問題で大変だよ。ちょっと海を取ったところで、国内問題がどうかなる状態ではない。そんな中、東南アジア諸国の反発も全部無視して出てくるとか、相当難しい話だよ。

アメリカも、アジア経済圏の地歩を固めようとしている。アメリカは絶対、中国の市場を狙っているわけね。資本主義ってそういうものだから、周縁の途上国に拡大しないと発展はないから、アメリカがそれをやらないわけがない。でも、アメリカも中国も核を持っているし、米中間は絶対に戦争はしない。結局のところ、「存立危機はない」ってことでしょう。

中国は30年前の日本のようにバブルがはじけそうであり、とてもじゃないけど余分な問題を抱え込む余裕はないという事ですね。さらに、北朝鮮がとち狂って攻めてくるならミサイルを原発に打ち込まれるだろうから、どうにかするならそっちの方だろと小林よしのりは言っています。

経済的にこれだけ密接になり、国が存続していくためには”他国が必要”なグローバル社会であり、侵略行為が野蛮な考えとされている現在の国際的な思想の下では、全面的な戦争の勃発は非常に考えにくいです。

2.自衛隊が日本を離れた時が一番危険

vcvcaa
【#本当に止める】6分でわかる安保法制

それでも、やはり中国や北朝鮮が脅威だと言う人は、自衛隊が他国の戦争に参加し日本を離れた時のことはどう考えているのでしょうか?

僕が中国や北朝鮮の作戦総本部長だったら、間違いなく自衛隊が日本を離れた時に狙います。

3.米国は日本(人)を助けてくれない

ロシア、イエメン在住の米国人約20人を避難させるhttp://jp.sputniknews.com/middle_east/20150424/237614.html

ロシア外務省のサイトによれば、「ロシア連邦指導部の決定による避難行動の枠内で、4月23日、イエメンからジブチ経由でモスクワへ2機の航空機によって197人が運ばれた。内訳はロシア人13人、CIS諸国が80人、このほか、外国人104人で、イエメン、米国、セルビア、キューバ、コロンビア、ボスニア、ヘルツェゴビナ、シリア、レバノンの出身者ら。」

4月中旬、ロシア海軍の船がイエメンから運んだ避難民は308人に及ぶ。このなかにはロシア人45人、イエメン人159人、米国人18人、ウクライナ人14人が含まれている。

ケリー米国務長官は電話会談を通じ、ラヴロフ外相に対し、自国民のイエメン脱出への協力について個人的に謝意を表した。

米国政権がイエメン在住の自国民の避難を拒否する通知は4月3日、米国務省のサイトに掲示。米国民には自力でイエメン脱出を図るか、もしくは「安全に出国できないうちは、安全な避難場所に隠れる」よう通達されていた。

イエメン邦人移送で中国政府に謝意http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE07H0H_X00C15A4PP8000/
イエメンの内戦で日本人が中国海軍に助けてもらったのは有名な話ですが、実はアメリカ人18人もロシアの航空機で助けられていたのです。そして、恐ろしいのが米国はイエメンの内戦下にいる自国民を助ける気はまったくなかったという事です。

米国政権がイエメン在住の自国民の避難を拒否する通知は4月3日、米国務省のサイトに掲示。米国民には自力でイエメン脱出を図るか、もしくは「安全に出国できないうちは、安全な避難場所に隠れる」よう通達されていた。

これでも、アメリカは日本や日本人を守ってくれますかね?

スポンサーリンク

まとめ

1.安倍政権が言っているようなアジアの脅威はない
2.自衛隊が日本を離れた時が一番危険
3.米国は日本(人)を助けてくれない

どうですかね、これでもまだ「戦争法案」は必要という理由はあるのでしょうか?もしあるのならぜひ教えて欲しいものです。

<おまけ>大規模な軍事戦争が考えにくい今の時代はどちらかと言えば恐ろしいのは「経済戦争」のほうで、もはや国と国の争いではなくなっています。「大企業VS一般庶民」という構図の戦争であるTPP・TIIP・NAFTAなどの自由貿易協定のほうがよほど脅威なのです。しかもその戦争は庶民が知らない間に攻め込まれ、気がついた時にはやられているという「静かな戦争」でもあります。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

「健ブロ」をシェア・拡散して健康な社会を取り戻そう!

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.