”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【憲法を超える存在】日米合同委員会とは?報ステが戦後から続くアメリカによる日本支配に切り込む!

投稿日:

rretttt

憲法を越える存在!?非公開の日米合同委員会20161206houdoustation

憲法を越える存在!?非公開の日米合同委員会20161... 投稿者 gomizeromirai

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

久々に報ステがいい仕事しましたね。このブログでも報ステのニュースを取り上げるのは随分久しぶりな気がします。

「憲法を超える存在」があるということは、「日本国憲法って何?」「日本人って何?」という疑問に当然つながりますよね。「憲法改正!」とか「護憲!」とか意気込んでも結局は「日米合同委員会」が決める取り決めの中での事柄ということになるわけです。

この視点を持って世の中の諸問題を見ると、いろいろな疑問が出てきますよね。例えばですが、僕は「緊急事態条項で、日本の内閣・総理に力を持たせるなんてことをアメリカ様が許すかな」なんて疑問が出てきました。答えはわかりませんが「日米合同委員会」の存在を加味して考えるか、考えないかで見えてくる世界も変わりますよね。

【おまけ】

報ステは古舘氏降板でも視聴率も下がらず(むしろアップ)、経費大幅削減できましたね。もう、今のテレビには古舘氏のようなクドくて、うるさいタイプは必要なかったんでしょうね。今後数年のことを考えれば、報ステの方針転換は成功だったと思います。

ただ、古舘氏降板以降ネットでは全くといっていいほど「報ステ」の文字を見ることはなくなりました。これは岸井氏が降板した「NEWS23」も同じです(話題性がない)。今は「サンモニ」「報道特集」ぐらいしかネットでは見ません。

トゲトゲしさを失い、ぬるいテレビ視聴者に迎合し、ネットととのつながりをなくしてしまった「報ステ」「NEWS23」が今後どうなっていくのかは注目しておかなければなりません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 社会問題
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.