【凶報】安倍政権が「日本人の年金」を「アメリカのインフラ事業」に投資へ!

公開日: : 政治経済, 社会保障

スナップショット 1 (2017-02-02 12-41)

公的年金、米インフラに投資 首脳会談で提案へ
政府が10日に米ワシントンで開く日米首脳会談で提案する経済協力の原案が1日、明らかになった。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が米国のインフラ事業に投資することなどを通じ、米で数十万人の雇用創出につなげる。対米投資などで米成長に貢献できる考えを伝え、トランプ政権との関係強化につなげる。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

もう最近の安倍総理はなりふり構わずトランプ(米国)に尻尾を振ってますね(国民と日本を売りさばきながら)。今までジャパンハンドラー路線で来たので、どうにもならなくなっているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    これにはジャパンハンドラーズもどん引き?

  2. 匿名 より:

    ネトウヨがパヨクやサヨだと揶揄している間に
    安倍が年金資金をアメリカ(トランプ)のために使うって…
    これでもネトウヨは安倍を支持するの?
    どうやって擁護するの? 国賊だわ。

    • 匿名 より:

      安倍内閣よりも「パヨクやサヨだと揶揄」されたことの方に怒りの矛先が向くとか、お前の真剣さのたかが知れるな?
      何よりまず批判されたこと自体に怒りがこみ上げるってか?

      • 匿名 より:

        いつもいつも本質からズラすことしか言えないネトウヨでした。

      • 匿名 より:

        貴方が発する、こじつけた悪口は批判にすら値しません笑

        批判
        《名・ス他》良い所、悪い所をはっきり見分け、評価・判定すること。 「本文―」

        貴方には高度過ぎます

      • 匿名 より:

        ほれ、バカウヨめ!
        真面目に返事しろよ!
        お前らは日本がメチャクチャになってもいいのか?
        納めた年金がパーになっても構わんのか?
        医療も受けられず、野垂れ死にしても笑ってられるのか?
        何か言ってみろよ!

  3. 匿名 より:

    いま国会、共産党・笠井さんの質問をラジオで聞こうとしたが、安倍の声が聞こえたとたんに気持ち悪くなってスイッチ切った。安倍が総理でいる限り、国会中継も見れない、聞けない。

  4. MT より:

    その指摘は全く当たらないわけでありまして、あくまでこれは投資なんですね。投資ですからもちろんリターンがあるわけでありまして、年金資産が結果的には増えるわけでありますから、決してアメリカに貢ぐなんて非難はあたらないわけであります。そういったですね、後ろ向きの非難ばかりでは決してですね、前に進めないわけでありまして、やはり国民の皆様のですね、年金を守るという義務がですね、政府にはあるわけでありますから、ここはですね、しっかりと、有効に運用していきたいなと、思っているわけでごじゃいます。

  5. 匿名 より:

    ODAはアメリカに使えない
    だからこそ年金!!!
    州単位ではヤバイアメリカ財政
    どうせ貸倒れになるよ

  6. 匿名 より:

    このごろでは安倍総理に対して◯意すら覚える。
    ◯はテキトーに入れて下さいねっと(怒)

  7. 匿名 より:

    >年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が米国のインフラ事業に投資することなどを通じ、米で数十万人の雇用創出につなげる。対米投資などで米成長に貢献できる考えを伝え、トランプ政権との関係強化につなげる。

    確かに、私もアベのやることすべて気に入らない。(アベの顔見るだけでひっぱたきたくなる)
    が、GPIFの米国のインフラに投資することは、間違いではない。(非常に悔しいが)

    トランプのインフラ事業はアメリカ全土の大規模な政策、10年で1兆ドル(107兆円)。
    ソフトバンクの孫がみずほ銀行から10兆円借りて、このインフラ計画に投資した。
    もちろん、インフラと言っても公共事業やIT事業もこのインフラ政策に入っている。
    オマケに、アメリカは大麻産業にも力をいれる。
    石油パイプラインも再開されエネルギー問題にも力を入れている。
    これら、全て、有言実行で、即決で署名して実行に移している。
    この石油パイプライン再開させるのに、地球温暖化詐欺集団が邪魔なので国連相手でもけんか腰になって、真っ向から批判している。

    これだけ見ても、トランプ政権は、アメリカ国内のビジネスの本気度がうかがえる。
    だから、これからアメリカは実体経済が底上げされることは明白なので、GPIFの投資は間違いじゃなく、正解だ。

    日本国内に投資しろ!という声が多々聞こえるが、今の日本に投資しても、実体経済に全く力を入れておらず、株式に投資する以外使い道がない。
    そもそも、中小零細企業は資産が無いと、銀行から融資されない。
    だから、中小零細企業が、バタバタ倒産したり、早々と店じまいをして閉店休業している。
    また、大企業に投資しようとしても、実体経済がおろそかなので、国民の購買力が無いため利益がでないので、株式に投資する以外使い道がない。
    おかげで、大企業の内部留保は過去最高額になっている。
    また、銀行は、円を刷り過ぎて金の貸し手が無い状態になり、持ってたら損のマイナス金利にもなった。
    だから、銀行が消費者金融などを直接するようになった。
    という感じで、日本国内に投資しても、無駄なんです。(アベの政策自体の問題)
    (消費税や派遣労働については、ハブきました。)

    ・・・・しかし、GPIFの米国インフラ投資の話は、絶対に安倍政権の考えじゃない。
    米国の圧力で、たまたま感があるが、真っ当な投資なのは間違いない。

    これから、為替云々と言ってるトランプの政策で円高になる可能性が非常に高い。
    円高になれば、アベノミクスの円安為替誘導の株式経済は、簡単に吹き飛ぶことになる。
    そう考えると、ソフトバンクの孫は、アメリカに10兆円投資・・・「先見の明」だな。
    そして、政府はサギノミクスの株で日本経済を回していたツケを払うことになると思える。
    今、散々TVで、トヨタのことを被害者みたいに言ってるが、トヨタ自体もアメリカに投資して、アメリカで商売してアメリカ人を雇用をした方が利益が出る。
    だって、トランプ政策で法人税を引き下げたので、アメリカの法人税の方が、日本に比べ遙かに安いんだもん。
    完全に「泣き芸」だよ。

    でも、日本自体は、ヤバイ・・・・・

    日銀が、円刷って直接アメリカに投資すれば、円安を保ちつつ、何とか危機回避が出来そうなんだが、これはFRBが関係するので急には無理な話。
    なので、日本ヤバイことは変わらない。
    現在の対処方法は、マスゴミを使ってのトランプのネガキャンとデモくらいだな(笑)

    • 匿名 より:

      >日銀が、円刷って直接アメリカに投資すれば、円安を保ちつつ、何とか危機回避が出来そうなんだが、これはFRBが関係するので急には無理な話。

      という感じに上では書いたが、どうも、JBIC(国際協力銀行)からの投資なの?だったら、政府は危機回避をしているわけだな。
      ということは、特別会計で投資するわけだな。
      一応、円高対策をしているわけだ。

  8. 腐れ大学生 より:

    あれ?このニュースってガセ?

    • 匿名 より:

      GPIFはこの報道を否定してるらしい…けど
      GPIFの方こそ信用する気にはなれんわ

      • 名無しのK-POPファン より:

        官邸が勝手に言ってるのか、ただの日経の飛ばしか、GPIFがウソついてんのか、
        事実がどうなのか気になりますね。

  9. 匿名 より:

    観測気球っ

  10. 侍JP より:

    こんな反日総理、過去にいない。
    これでも安倍を支持するネトウヨこそ反日でしょう。

  11. 匿名 より:

    ほら、安倍支持者 言い訳の時間だ。聞いてやる、言ってみろ。威勢のいい暴言しか出んか?一文字位なら聞いてやるぞ

  12. 匿名 より:

    もはや安倍とその一派とネトウヨは国賊を超えて「国害」になった。
    この国害どもは、天皇陛下と日本国民が一丸になって正しくてくれるわ。

  13. 匿名 より:

    ネトウヨ緘黙 w
    アクロバット擁護できんと見える。

  14. 匿名 より:

    年金カット法案ってアレなんだったの?

  15. 愛国者 より:

    売国自民党とその支持者は国賊

  16. 匿名 より:

    そもそも私にはそんな権限はないと答弁してなかった?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑