【仕事が・・】ゴールドマン・サックスの人間トレーダーが600人から2人になる。

公開日: : 仕事・労働

スナップショット 1 (2017-02-09 17-02)

人工知能による自動化が進むゴールドマン・サックス、人間のトレーダーは600人から2人へ
2000年のゴールドマン・サックスのニューヨーク本社では600人ものトレーダーが大口顧客の注文に応じて株式を売買していたそうですが、ゴールドマン・サックスのCFO(最高財務責任者)に就任予定のマーティ・チャベス氏は、「2017年現在で本社に残っているトレーダーはわずか2人です。空いた席を埋めているのは、200人のコンピューターエンジニアによって運用されている『自動株取引プログラム』です」と、ハーバード大学の応用計算科学研究所で開催された2017 CSE Symposiumで説明しました。

高給を得ていたウォール街のトレーダーは自動化プログラムに置き換わりつつあることがわかっています。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

人工知能相手にしてたら一般人なんて、確実にやられますよね。今後は一般人用に人工知能プログラムが売られ、企業はそれを超える人工知能プログラムを使用して株取引が行われるのでしょうか。

そして、こういう職種こそ危険と言い続けてますが、いよいよ現実化してきました。頭脳労働、エリートの仕事、パソコン関係と呼ばれるような職種(直線的な仕事)は(まず)非常に危険です。

2020年から小学生にもプログラミングを教えるとか言ってますが、プログラミングなんて人工知能がパパッとやっちゃうんじゃないでしょうか?今後は「人工知能ができにくい仕事」を探す必要がありそうです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    >2020年から小学生にもプログラミングを教えるとか言ってますが、プログラミングなんて人工知能がパパッとやっちゃうんじゃないでしょうか?

    多分、AIが先生に教え、
    おぼえた先生がプライドや仕事を守るために小学生に教えるんじゃない(笑)

  2. 匿名 より:

    財務省近畿財務局が学校法人に払い下げた大阪府豊中市内の国有地をめぐり、財務局が売却額などを非公表にしていることが分かった。
    朝日新聞が調査したところ、売却額は同じ規模の近隣国有地の10分の1だった。

    だってさ
    スキャンダルだね

  3. 匿名 より:

    つまり、結局最後に生き残るのは頭デッカチな人間でなく、健康で活動的で柔軟な人間ってことだな

    あっ!! 金もらってネトサポやステマバイトしてる連中が、一番ヤバイやんけw

    この間、人口知能が小説書いてたけど、キーワードや、書き込みを人口知能が読んで、それに対応する文を自動的に排出できそうだもんね

    必要なのは人口知能を統括する数人のみでいい

    ネトサポは、自分も沖縄の人達やお前らの言うサヨやパヨと同じ立場だと気付け

    • 匿名 より:

      お、おう……。仕事が無くなるからって自暴自棄になるのは分かるが、まぁ頑張れよ。

      • 匿名 より:

        おやおや、自分の書き込みに反応するとはw
        反応するってことは
        アンタの仕事(ネトサポ・ステマ)が無くなるからかな?

  4. 匿名 より:

    およよ

  5. 匿名 より:

    人工知能による方が人より安全性が高く相場の流れを読めるのだろう。

    人は大儲けする反面、大穴を空け易い。

    だから、利益率は低くても、人件費のかからない人工知能に頼ることとなるのだろう。

    だが、招来ほとんどすべての投資会社が、人工知能を導入したら、儲けは出なくなるだろうね。

  6. 匿名 より:

    その代わり、接客や介護は人間の良さを見直されるだろうね
    手塚治の漫画でもあったけど、ロボットは回路のちょっとしたショートによる誤作動で人を文字通り「破壊」するミスを犯す
    そういう怖さがあるしな

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑