【中華料理屋で会食】安倍総理と大新聞社のただれた関係を記者がリーク『うちの社では企画が通らない。ネットに書いて国民に伝えて欲しい』

安倍首相と記者クラブ 「赤坂飯店の夜」全真相

実は、菅野氏の情報源は、官邸のメディア操作で記事が書けないと危惧した1人の新聞記者からだったという。菅野氏が語る。

「当日、私は森友学園問題の取材で大阪にいたのですが、そこに知人の大手新聞の記者から電話が入った。『今日の夜、総理が赤坂飯店という東京の中華料理店に記者を集める。そこで森友学園の報道に釘を刺すような話をするようだ。菅野さん、これをネットに書いて国民に伝えて欲しい』と。“それは御社の新聞で記事にした方がいい”と答えると、『うちの社では企画が通らない。だから菅野さんに』ということでした。だからその内容をツイートしたのです」

自社で書けないからとリークする記者も情けないが、政権の顔色をうかがって報道を自主規制する大新聞社の内実がよくわかる話だ。では、赤坂飯店で安倍首相は記者たちに2時間半もどんな話をしたのか。大手紙政治部記者が語る。

「キャップの話では、最初はもっぱら森友学園問題の釈明。総理は疲れた様子で『カネのやり取りとかやましいことは全くない』と内容は国会答弁の繰り返し。昭恵夫人の名誉校長の件についても『妻がそんな役職に就任していたなんてオレは全く知らなかった』というばかり。

 ちょっと元気になったのはトランプとのゴルフの話。『トランプはめったに相手のゴルフを誉めることはないが、シンゾーはうまく刻むじゃないかと誉められた』とか、『トランプとは国際会議の時に毎回会談すると約束したが、そんな約束を取り付けたのは世界で自分だけ』と鼻高々だったそうです」

さすがにかつての民主党の大臣のように「書いたらその社は終わり」という露骨な“箝口令”はなかったようだ。

 安倍首相にすれば、わざわざキャップ懇を開いたのだから、余計なことはいわなくても大メディアは封じられたとタカをくくっていたのだろうか。

「森友学園」問題で「報道圧力」? 噂を聞きつけ、安倍総理と大手メディアが会食した「赤坂飯店」前でIWJが張り込み!17.02.27

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

どこの新聞社の誰が出席したかぜひぜひ知りたいもんですが、ほんとに「大新聞社の内実がよくわかる話」ですね。

あまりにも情けない話ですが、こういった内情が表にポロポロ出てくると言うことは、やはり風向きが変わり始めている証しと言えるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    仮に「金のやり取り」なしに国民の財産を叩き売るような事が日常的に行われてるとしたら、そっちの方が大問題です。
    腐敗し切ってるとしか思えません。

  2.   より:

    2015年9月4日、当時の大阪中の監視カメラの記録が残ってないか?
    関係者が同時に一ヶ所に集まるまでを街中の監視カメラで調べられないか?
    もう記録は残ってないだろうか?
    もし残ってるなら廃棄される前に。 サポーターや御用警察等によって。

  3. 匿名 より:

    参加者、だれもリーク記事書かないの?
    「蜂のひと刺し」
    になるのにさ。

  4. 匿名 より:

    菅野完氏のツイート、この大疑獄を誰よりも伝えていて、超おすすめ!もちろん、あの『日本会議の研究』を読めばより理解できます。

    上西小百合も頑張っている。

    今何よりも面白く熱い!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑