”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【ひでぇ奴ら】籠池理事長「ずっと保守という方々と親しくさせてもらったが、今回は保守の人は誰も助けに来なかった。」

投稿日:

森友・籠池夫妻“音声”を独自入手、稲田氏との関係は?

さらに籠池氏は問題発生後、自らを取り巻く環境の変化について・・・

 「私の方もずっと保守という方々と親しくさせてもらって。でも今回は保守の人は誰も助けに来なかった。これは重要な問題。一部の人は助けてくれた。他はぴたっと。大変なことやなと」

さて今の思いは…「広告塔」の保守系文化人たち
毎日新聞はパンフレットに顔写真が載ったり、系列の幼稚園での講演を引き受けたりした人たちに書面や電話で取材を試みた。

 昭恵氏は疑惑報道以降、手のひらを返すように距離を置いている。

首相ブレーンの一人とされる麗沢大学教授の八木秀次氏と、京都大学名誉教授の中西輝政氏は、顔写真が載ったことに「無断使用だ。学校を推薦したことはない」と怒る。

14年に講演した八木氏は「籠池氏は愛国と言えば何でも許されると考えているフシがあった。『なんちゃって保守』とひとくくりにされたくない」と話した。12年に講演した中西氏は上げ潮の保守思想に商機を見いだす人たちが増えていると分析。「学園に思想性は感じられなかった。園児の教育勅語唱和は誰かに見せるためのショーのようだと思った」と振り返る。

 ジャーナリストの桜井よしこ氏は、疑惑について政治家の関与を明らかにすべきだとしたが、学園の教育方針には言及しなかった。

 政治評論家の竹田恒泰氏から回答は得られなかった。自身のツイッターでは「教育勅語の徳目を教えている点など共感できるところがあり、幼稚園で2回講演した」「それにしても運動会の宣誓はやりすぎ」とする。

一方、森友学園を「日本を立て直そうとがんばっている」とツイッターで擁護する人物がいる。元航空幕僚長の田母神俊雄氏=公職選挙法違反の罪で公判中=だ。学園で過去に講演したこともある。

だが、パンフレットに同氏の顔写真はなかった。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「保守」を名乗っている奴らがいかに「ニセモノ」で「卑怯者」で「保守」なんかじゃまったくないかがよくわかる事例ですね。「保守」というのは大事な言葉ですから、これを機に「保守」を名乗るのをやめて欲しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 社会問題
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.