【闇】自衛官が国を訴える!安保法の文書漏洩疑いで、ウソ発見器に連続3時間で自白強要

公開日: : 政治経済

「文書漏洩疑われ違法捜査受けた」 自衛官が国を提訴
 2015年に国会で共産党が提示した統合幕僚長と米軍幹部の会談議事録とされる文書を巡り、現役自衛官が17日、文書を漏洩(ろうえい)したと疑われて違法な捜査を受けたなどとして、国に慰謝料500万円を求めてさいたま地裁に提訴した。

 訴えたのは、埼玉県に住む防衛省情報本部の大貫修平3等陸佐(42)。

訴状によると、防衛省は大貫さんが文書を流出させたとして、休息を取らせずに約3時間、ポリグラフ検査を行い、約5時間にわたって自白を強要したと原告側は主張。機密に関わる部署から、行事準備の資料作成などを行う部署に異動させられたとしている。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

またトンデモナイ話が出てきましたね。果たして自衛隊内部でこのような違法行為があったのか、真相をしっかりと解明して欲しいです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    もうこんなわやくちゃ政権は支持率マイナス200%ぐらいでエエかと。

  2. 匿名 より:

    1 安倍晋三首相はその後「示された資料と同一のものの存在は確認できなかった」と答弁した。→「文書形式は違うが内容は同一のもの」または「ほぼ同様の文書は」無いとは言っていない。
    2 漏洩の件で取り調べた。→「漏洩そのもの」または「ほぼ漏洩と断じざるを得ない出来事」があったということである。
    3 代理人弁護士の「存在しない文書を漏洩することはできない。嫌疑がないのに違法捜査をした」との発言が素晴らしい。

  3. 匿名 より:

    もし周りに自衛隊に入ろうか検討している人がいたら、この件を教えてあげましょう。

    外国に行って、憲法違反の勝手な約束をして帰ってきた上司のことで、存在しない書類について情報漏洩したとスパイの疑いをかけられ、3時間のウソ発見器を含む5時間ぶっ通しの尋問を受け、職場も自宅も強制捜査され、左遷され誇りを奪われ職場にも居づらくなり毎日針のむしろで、しかもこのまま安倍政権が続いたら「自衛隊」から「軍」に昇格するため、取り締まりはさらに厳しくなり、軍法会議にかけられて【死刑】にされる処されることもあるんですよ!!!

    と。

  4. 匿名 より:

    はじめて書きます。この手があった。100万寄付したかはっきりさせてもらいましょう。

  5. 匿名 より:

    防衛大臣も最高責任者(責任取らない事に固着)もアレじゃあ自衛隊員はたまったもんじゃねえだろうなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑