【離反?】岸田外相がアベノミクスに懸念「内閣不一致覚悟」「格差に対応する必要」

公開日: : 政治経済 ,

岸田外相、アベノミクス修正の必要性強調 首相と距離?
岸田文雄外相は4日の講演で、安倍晋三首相の看板政策アベノミクスを修正する必要性を強調した。東京都議選の自民党惨敗を受けて党内各派閥がうごめく中、来秋の総裁選をにらみ、憲法9条改正への異論に続いて経済政策でも、首相と距離を置き始めた格好だ。

「今の経済政策における格差といった負の側面に適切に対応することが重要ではないか」

岸田氏は来場者から政権を取った場合の政策を問われ、「閣僚なので内閣不一致になっちゃいけないと思いつつ覚悟して来た」。言葉を選びつつ、「これだけはやりたいのは何か。成長と分配のバランス」。アベノミクスが成長戦略に偏りがちであることに懸念を持っていることを示唆した。

岸田外務大臣 アベノミクス批判

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

都議選敗退によってようやく自民党内から意見が発せられるようになりました。「遅すぎ」と言ってしまえばそれまでですが、「内閣府一致」発言です(安倍政権で「格差是正」なんて聞いたことないです)から影響が小さいとは言えないでしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    ×「内閣府一致覚悟」

    ◯「内閣不一致覚悟」

  2. 匿名 より:

    アベノミクス失敗をわかっていて放置してたと。働いても苦しい人々を救うより我が身の保身第一だった。それでも岸田はまだましだとは、ほんとに酷い。

  3. 匿名 より:

    アベノミクスは失敗なんていしてない。むしろ大成功だ。
    なぜならあれは最初から、貧困層から富裕層・中小零細から大企業への
    所得移転を目的とした収奪政策だからだ。

  4. 匿名 より:

    協力するだけ協力して、風向きがちょこっと変わると、小出しに恐る恐る発言してみる。それも、明瞭簡潔な言葉でなく、何となく何となくの発言。
    トップリーダーの器ではありません、強力な独裁者の取り巻きでいいのではありませんか。
    あなたは閣僚の一員として、現政権が心血を注いで行ってきた諸々の悪政に、民主国家日本の破壊にその手を貸してきたわけです。今更、袂を分かつような発言は無責任でしょう。本当にそうお考えであれば、閣僚を即刻辞任されるべきです。
    テレビや新聞。週刊誌向けにご発言されているのでしょうが、ご自分がこの政権の中でどのような役割を果たしてきたかを総括されてから、お話しされてもよろしいでしょう。
    安全地帯からしかものが言えないというのは、政治家ではないでしょう、本当に情けない。

  5. 匿名 より:

    何を今頃いってるの。アベノミクスなんて、とっくの昔に破綻してますよ。公務員のボーナスの額が報道されていたが、雲の上の話です。(零細企業親方)

  6. 匿名 より:

    こんなろくでもない法律を通して、経済とか笑止千万。軍事国家まっしぐらだろうが。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑