【うわぁ】読売新聞で「安倍総理独占インタビュー」に社長賞(ナベツネ)!政治部長が受賞・副賞100万円(新潮)

公開日: : 政治経済, 社会問題

“総理改憲インタビュー”に社長賞 「読売」社内で波紋
読売新聞記者の話。

「あの記事が6月に社内表彰されたんです。しかも、表彰の中でも最も格上の『社長賞』。副賞が100万円と高く、うちの記者なら誰もが目指す憧れの賞だったのですが、あんな安倍政権の提灯記事が獲るなんて、仰天しました」

ちなみに今回表彰を受けるのは記者ではなく、政治部長ただひとり。

「下に与えて、現場の記者を鼓舞するのが表彰の本来の役割なのに、なんの意味があるのか疑問です」(同)

「安倍さんはインタビューの中で、憲法9条の改正について、これまでの自民党の方針と全く違うことを喋っているのに、そこにツッコミを入れず、そのまま載せている。批評精神の欠片もない」(別の読売記者)

今回の授与を、他紙の政治部デスクが分析する。

「この記事の後に、前川(前文科事務次官)の出会い系バー通いの記事を掲載し、“一体どこまで政権寄りなのか”と、さらなる批判を受け、不買運動まで起きた。後に引けなくなったナベツネ主筆が、意地になって決断したのでは」

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

読売新聞は一体どうしてしまったのでしょうか?

これまでもずっと完全に政権寄りだったのは間違いないですが、それでもけっこう巧妙に(政権に批判的な内容は掲載しない、表現を緩める)やってきたのに、ここへ来て一気に安倍新聞という事を隠さなくなりました。

しかも、安倍政権のヤバさがバレて末期的な状況になってからですから意味不明です。

ナベツネももう歳だし、一緒に沈む気なのかなぁ?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

     要約気がついたんだけど、一言で云ってやつらは「金持ちだけど、心はど貧乏な奴ら。」只それだけだ。それだけでもう既に人間では無くなる、自称右翼の連中は似たり寄ったりだから気をつけろ。

  2. 匿名 より:

    >「首相殺してもらうしかない」ツイッターで高校教諭が投稿

    こんな記事があったんだけど、もうアイツは扱いが天皇陛下と同じだな。同じ国に天皇は二人も要らんよ。証拠隠滅した方は誰か同じ様に”消去”でもしてくれ。

  3. 匿名 より:

    自分さえ良ければ他人はどうなってもかまわない、自己保身のためには嘘をついても許される、と考える日本人が大勢いる。
    赤ん坊を殺し、老いた母親を殺害し、自分の行為に責任を持たない社会人がたくさんいる。
    丁寧に説明をしていくと言いながら説明をせず、調べるて開示すると言いながら発表をしない詐欺同然の議員がいる。
    自分達は選ばれた人間だと選民意識を持ち、国民は奴隷だと考えている企業人がいる。
    国民の人権と自由を侵害し一部の資本家の下僕となり、オコボレにあずかろうとする閣僚と記者がいる。
    これらを一掃是正しないかぎり日本の再生はありえない。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑