【いいね!】メルケル独首相がトランプに反論「いかなる軍事行動も完全に不適切であると考えており、ドイツは外交的な解決を主張する」

北朝鮮「完全破壊」警告、メルケル独首相は賛同せず

トランプ大統領は19日にニューヨークの国連本部で行った就任後初の一般討論演説で、「米国、もしくは米国の同盟国を守る必要に迫られた場合、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択肢はなくなる」述べた。

これについてメルケル首相はドイチェ・ヴェレ放送に対し、「こうした警告には賛同できない」とし、「いかなる軍事行動も完全に不適切であると考えており、ドイツは外交的な解決を主張する」と述べた。

そのうえで「北朝鮮問題に対しては制裁措置の実施が正しい対処法で、それ以外のすべては誤った手法となる」と語った。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「圧力、圧力」言ってるのは日米だけです。

”あの”トランプと日本の総理A氏だけですよ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    NHKニュースウオッチ9、
    韓国の人道支援を否定的に報じてるの、私もとても気になった。

    「人 道 支 援 を 否 定」

    って、おかしくないですか?

  2. 匿名 より:

    第二次世界大戦で負けたことでそれからどのように立ち直ったか首相の発言で比べた時、

    日本は負けた事へのコンプレックスを北朝鮮という他国へのヘイトで一杯にしている負け馬であり、

    一方、ドイツは負けた事を克服し他の模範となる程に精神的に見事に成長しているのが分かる。

    この差が日本人として実に恥ずかしい。

  3. 匿名 より:

    1953年の北朝鮮と国連軍との停戦以降、60年間ずっと対話してますが

    対話してもらうための援助金は、水爆になり長距離弾道ミサイルになりました
    対話すげー

    • 匿名 より:

      世界の平和を創り出すため、水爆、ICBM、みんな必要だよね。

    • 匿名 より:

      原油を完全にストップさせてABCD包囲網の再現、
      北朝鮮暴発、大日本帝国を真似てアメリカへの神風アタック、
      からの日本まき込まれ、
      自称愛国者、悲願の戦争突入へ・・・
      なるほど、悪くないプランですな

  4. 匿名 より:

    アベとトランプとジョンウン
    中学生3人が喧嘩したくてうずうずしている
    チキンゲーム

    おとなの誰かが何とかしないとね
    3人とも停学処分がいいなあ

  5. 匿名 より:

    メルケルはずるがしこいね!
    こいつドイツ隣国で同じ事起こったら即軍事介入するよ!
    国内向けの人気取りと中国との関係を考慮したずるいがしこい発言。
    今トランプとメルケルは急接近してるはず。
    もしかしたら小芝居の可能性も。
    いずれにしろヨーロッパは北朝鮮をあまり気にしてない。

  6. 匿名 より:

    トランプに戦争する気がないことを知ってるからメルケルも外交解決しようって言ってるだけじゃん。ただ、それならメルケルは(ズバリ言わなくてもオブラートに包んで)アメリカの軍産複合に触れるべきなんだが、そこを避けて言ってる辺りは正直こすずるい。
    つーか、北のカリアゲくんも戦争する気はねーよ。仕掛けりゃボロ負けで国が滅ぶんだからな。
    トランプにしろカリアゲくんにしろ、一国の主として国民向けに弱いところを見せないだけのこと。

    馬鹿みたいに北と戦争したがってんのは世界中でも日本のでんでん一味(ここには石破含む)だけ。マスゴミプロパガンダに流されてないと主張するなら単にトランプが嫌いってだけで貶めていることに無自覚ってことだ。

  7. 名無しのK-POPファン より:

    日米韓の首脳でまともなのはムンジェインだけ。

  8. 匿名 より:

    ドイツは過去から学んでいると国民も自負があるから日本の総理みたいなアホ発言は許されない。それに欧州は極東のイザコザに興味無いだろ。巨大マーケットの中国向け発言。安倍さんだって戦争したいんじゃなく有事に備える、を口実にお金動かしたいしついでに加計問題うやむやになったらラッキーな程度。

  9. 匿名 より:

    しばらくすれば、米国と北朝鮮は妥協し合うだろう。
    日本国、米朝に嵌められないように、気をつけなよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑