【マンガ命】麻生氏「新聞読む人の気知れない」⇒ネットの反応「新聞は漢字が多いもんね」「読まないと麻生や安倍になる」

公開日: : 政治経済




スポンサーリンク


以下ネットの反応。

僕はマンガでも、新聞でも、何でも読むのがいいと思いますよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    日本の政治家は国語を必須科目にするべきではないか?
    どうも、日本人になりすまして漢字もまともに読み書きできない奴らがいるようだしね。

  2. 匿名 より:

    この人は「新聞」とか「マンガ」とか「フリガナ」とかじゃなくそもそもの人間性に問題ある気がする。

  3. 匿名 より:

    麻生といえばマンガ命がそうですが、ナチス命でもありますよね。
    麻生はナチスを例えにして説明するのが大好きですし、ナチスの手口を見習って日本国憲法を死文化にしようと酷い事をしています。

  4. 匿名 より:

    んー? 「誰かやっておいて良かった」なんて言ったん?
    麻生の妄想?

    しかし、安倍も麻生も、この年代でこれだけ漢字が読めないって、本当に謎。
    新聞どころか本も読まないのでしょうね。

  5. 匿名 より:

    最近、ネタ切れだよなあ

  6. 匿名 より:

    自分もマンガ好きだけど、マンガ”しか”読まない、マンガ”でしか”読めないってのはダメでしょ。

  7. 匿名 より:

    「そういう新聞」の自覚のある東京新聞が発狂してんのかいなww

  8. 匿名 より:

    安倍ちゃんは安倍ちゃんで、こんな発言

    安倍首相「同年代に嫌われ悲しい。新聞愛読者層では」
    http://www.asahi.com/articles/ASKDH51W0KDHULFA019.html

    同年代からの支持が低いのは、新聞のせいだと。
    何でも他人のせいにする男だね。あたま悪っ。

  9. 匿名 より:

    そりゃ麻生みたいな保守(失笑)の大好きなナチスは、マトモな新聞(読売産経を除く)ではボロクソだからね。
    ナチスと大日本帝国を崇拝する保守主義者を満足させる新聞はないだろう、この世には

  10. 匿名 より:

    (見出し)麻生氏「新聞読む人の気知れない。」
    (本文)そういう新聞にお金を払って読む人の気が知れない。

    随分、悪意の印象操作をする新聞ですね。
    どこの新聞ですか?

    • 匿名 より:

      言葉の一部の切り貼りによる
      印象操作って
      捏造と同じだよな。
      東京新聞は息を吐くように嘘をつくから
      捏造の自覚すら無いのだろうなぁ。

  11. 匿名 より:

    こいつに、ひらかなとまんがだけのしんぶんをつくってやらないといけないな。
    こいつはきっとしんぶんだいはらわないだろうな。
    かねはもらうだけだろうな、はらうことはないんだろうな。
    ひらかなでかいたから、ちゃんとよめよ。

  12. 匿名 より:

    管理人さん、表現規制派の麻生を「マンガ好き」扱いすんのはマジで止めて欲しいんだけど。こいつは表現規制でマンガをプロパガンダの道具に作り替え、規制利権でマンガ市場を食い物にしようとしているだけであって、マンガ文化そのものには一片の敬意も抱いていない寄生虫だ。

    • 匿名 より:

      麻生先生は金に困った事無い人だから
      利権や金には興味は無いよ。
      学歴コンプで求めるのは、名声と権力。
      ある意味、安倍総理と似たタイプ。

      • 匿名 より:

        この国では金に困った事の無い奴ほど金にがめついんだよなあ。後、麻生は安部と違って学歴コンプレックスは無いぞ。コンプレックスまみれの安倍は良くも悪くも、というか悪い意味においてのみ人間的だが、麻生は心をそのものを持ってないから。心の無い奴が恥なんて感じる筈がない。

  13. 匿名 より:

    「南カリフォルニア大学」の記載が削除された安倍晋三首相

     まずは日本のリーダーである安倍晋三首相だ。かつての公式ホームページには、1977年「成蹊大学法学部政治学科卒業、引き続いて南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学」から1979年「株式会社神戸製鋼所入社」と記載されていたが、現在の公式ホームページには、1977年「成蹊大学法学部政治学科卒業」から1979年「株式会社神戸製鋼所入社」となっており、南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学という海外での経験が一切削除されている。

     2004年2月の『週刊ポスト』の報道によると、安倍氏がUSCの政治学科に在籍したことはなく、78年の春期、夏期、秋期にのみ在籍し、取得した6コースのうち、3つは外国人のための英語コースであり、そこには政治学は含まれていない。しかも安倍氏は、2年間留学といいながら、実際には1年間にも満たないことが判明。そして、安倍事務所は「南カリフォルニア大には78年1月から79年3月まで在籍しています。政治学は履修したが、途中でドロップアウトしたため、記録が残っていないだけで、留学の実態はあったと考えています」と答えている。

     その疑惑に対して、当時の民主党・菅代表は記者会見で「取材やホームページでの安倍氏の発言がくるくる変わっている」と指摘し、民主党として事実関係の調査をしていることを明らかに。その過程で記載は削除されたという。

    「スタンフォード大学とロンドン大学」が削除された麻生太郎副総理

     続いては、麻生太郎副総理だ。2004年時点での公式ホームページでは、昭和38年「学習院大学政経学部を卒業後、スタンフォード大学大学院(昭和38年~昭和40年)に留学」から昭和40年「ロンドン大学政治経済学院(昭和40年~昭和41年)に留学。帰国後に家業の麻生産業(現麻生セメント)に入社」と記載されていたが、2007年以降の公式ホームページでは、昭和38年「学習院大学政経学部卒業」から昭和41年「麻生産業株式会社入社」となっており、スタンフォード大学とロンドン大学という海外留学の経験が一切削除されている。

     多くの人は、こうした南カリフォルニア大学、スタンフォード大学、ロンドン大学といった海外の大学について詳しくないため、何となく凄いのだろうと圧倒されてしまう。そして、プライバシー保護の時代に、学歴の真偽を確かめることも難しい。

     安倍晋三と麻生太郎に共通するのは、祖父がともに東京帝国大学(現・東京大学)を卒業した内閣総理大臣の「エリート家系」であるということだ。言わずもがな、安倍晋三の祖父は岸信介であり、麻生太郎の祖父は吉田茂である。彼らが自身にコンプレックスを抱いていたのかどうかはわからないが、少なくとも周囲からの期待は凄まじく、プロフィールを“盛る”必要があったのかもしれない。

     しかし、政治家が選挙広報で「学歴詐称」することは以下のように公職選挙法違反とされており、1996年に衆院選に立候補したサッチーこと野村沙知代は、虚偽の経歴を公表した「詐称容疑」で東京地方検察庁に告発されている。

    ===============
    ●公職選挙法 第二百三十五条(虚偽事項の公表罪)
    当選を得又は得させる目的をもつて公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業若しくは経歴、その者の政党その他の団体への所属、その者に係る候補者届出政党の候補者の届出、その者に係る参議院名簿届出政党等の届出又はその者に対する人若しくは政党その他の団体の推薦若しくは支持に関し虚偽の事項を公にした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。
    ===============

    「学歴」という肩書きは、最も簡単に人から信頼と安心を得られるものである。「学歴重視」「欧米コンプレックス」の日本だからこそ、こうした学歴・経歴を水増しする行為が起こる空気が蔓延しているのだろう。

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑