【悲報】「審議拒否はしない」国民党が参院の野党第1党に!ただ、今国会後に立憲が逆転する可能性も浮上

公開日: : 政治経済 ,

国民民主党、参議院の野党第一会派に
国民民主党は7日、党の設立大会を開催し、本格的に新党としての活動がスタートしました。新党結成の際、前身の民進党からは離党者が相次ぎ、参議院では小川敏夫議員ら10人が立憲民主党に入党したほか、他党に入党はせず無所属となった6人が「立憲民主党・民友会」として、立憲民主党と共同の会派を結成しました。しかし、人数は23人に留まり、24人が所属する「国民民主党・新緑風会」が参院の野党第一会派となりました。

 今後、参院においては、国民民主党が野党の代表として、与党側と国会対応について交渉することになります。玉木共同代表は「原則、審議拒否はしない」と述べていて、衆院側の野党第一党・立憲民主党と足並みを揃えることができるかが今後の焦点となります。

野党、政権追及へ結束課題=盟主狙う立憲、国民が対抗心―国会

参院の野党第1会派は国民民主の24人だが、関係者によると、野田佳彦前首相に近い長浜博行参院議員が通常国会後の同党離党と立憲入りを検討。両党の勢力が逆転し、立憲が衆参ともに最大野党会派となる可能性が出てきた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

もはや落ちるところまで落ちた国民党が、立憲に対抗してトンデモナイ国会対応しそうで、もの凄く心配です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    さすが国民党… 存在そのものが疾風迅雷で立憲の足を引っ張って妨害しているわ。
    やる気のない国民党が参院の野党第1党って、迷惑なだけだ。

  2. 匿名 より:

    「原則、審議拒否しない」だって。
    また、日和見主義の風見鶏発言を繰り返す玉木共同代表。
    本当は「自民党に基本協力してゆく」が本音と読み取れる発言。
    300%信用できない組織と人間。

  3. 匿名 より:

    「国民」とは官僚や大企業上層エリートのほぼ自民党関連の人たちのことか ならば納得。  一般国民は投票する人少なそう。

  4. 匿名 より:

    「審議拒否しない」って、さっそく自民のアシストだね〜。
    支持率どん底の野党第1党なんて、迷惑以外の何者でもない!
    「国民」という略称も、憤慨だ!(`へ´)

  5. 匿名 より:

    現在の国会運営をなるべく苦労せずに乗り切ろうとする思惑が見え見えの新党です。国会が終われば解散です。国民を馬鹿にしすぎ。

  6. 匿名 より:

    これからは「前原組」と呼ばせていただきます

  7. 谷口恵梨香 より:

    国民民主党の議員は自民党に貸しを作って、次の選挙では、自民党から立候補するんだろうか?
    次の選挙で、国民民主党から出馬すれば、負けるというのはわかっているはず……それとも、前回のように、また野党が共食いで、自民党が漁夫の利を得るのか。
    小選挙区制も制度が裏目に出ているし(野党の勢力が大きくならなければ機能しないのに)、自民党の横暴は続くんだろう。

  8. 愛国者 より:

    まともな党に投票しない低能愚民のせい

  9. 匿名 より:

    あのー、同じ野党同士で対立しあってどうするの?
    いざ選挙となったら、この人たちとも選挙協力しないと絶対に勝てませんよ。
    嫌いな人とも仕事をしないといけないように、積極的に支持できなくても、攻撃する必要はないでしょう。
    今まで野党は内ゲバで攻撃し合って自滅してきたわけです。
    その原因は保守側だと思ってましたが、今の状況をみていると、むしろリベラル側に問題があるのではないかと思います。
    国民民主は、右も左も受け入れる中道政党を目指すとしています。協力できるところは協力して、そうでなければ距離を取ればいいでしょう。民主主義は多様な意見がぶつかってこそ担保されるのです。
    リベラルからもそういった考えが生まれないと、与党につけ込まれるだけです。
    安倍を利するための感情的な批判は控えるようお願い致します。

  10. 匿名 より:

    さっそく 自民党公明党維新に ウインク流し眼 やだねー
    この人たちのことを 野党と思ってはいけません

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑