【対決より解決】国民・玉木代表が共産党に注文「自衛隊と日米同盟を認めてもらいたい。ただ、わが党は、安全保障の考え方を変えるつもりはない。」

【対決より解決】国民・玉木代表が共産党に注文「自衛隊と日米同盟を認めてもらいたい。ただ、わが党は、安全保障の考え方を変えるつもりはない。」

公開日: : 政治経済 ,

国民・玉木雄一郎共同代表インタビュー 共産党に「自衛隊容認」要請、来夏参院選見据え

「現実的な安全保障」を掲げる国民民主党が、「自衛隊解消」「日米安保廃棄」などと他国を利しかねない党綱領を維持する、公安調査庁の監視団体・共産党と連携すれば、有権者への裏切りではないのか。

 玉木氏は「連携ありきではない」といい、次のように語った。

 「自民党の議席減を狙った1人区での候補者調整は、あり得る。ただ、わが党は、安全保障の考え方を変えるつもりはない。共産党に、自衛隊と日米同盟を認めてもらいたい。今まで交渉してこなかったが、そろそろしないといけない」

 安全保障の柱の1つである「集団的自衛権」をめぐっては、憲法改正も視野に、こう訴えた。

 「われわれは、安全保障関連法の白紙撤回を求めず、広すぎる今の解釈を制限する現実的な改正案を出す。真に自国防衛に関わるケースに限定するため、地理的条件をかけるとともに、自衛権の行使対象も、同盟を結んだ国に絞る。それができないなら、正面から憲法改正を議論すべきだ」


以下ネットの反応。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    やはりこの人、頭がおかしい。
    他党の綱領に首を突っ込むのは、隣の家の夕飯に文句を言ってるのと同じことでしょ。非常識すぎる。
    ましてや共産党に、日本がアメリカの属国状態であることを容認しろと?
    共産党は自主独立路線だから無理でしょ。
    共闘したくないための理由を他者に求めるKAZUYA レベルの寝言論はゴミ箱行き。

    • 匿名 より:

      玉木氏は、完全に野党分断と国民民主党の弱体化を画策しているね。
      これ、自民党の工作員じゃないとこんな事しないでしょ。
      自民総裁選の応援と野党弱体化を狙ったパフォーマンスがヒドイ。
      この人、与党の傭兵としか考えられない。
      前原君もかな?

  2. 匿名 より:

    馬鹿が何か言っている。
    コイツの頭は自民と連立組んでるつもりなのだろう。

  3. 匿名 より:

    可哀想にね、本当は自民党とつるんでお金たくさん手に入れてボクシング協会の山根会長並みに皆にかしずかれたいのにお前は別働隊として動けって言われちゃって(哀)

  4. 匿名 より:

    自民党・・・・・・・国民はウンコ味のカレー食え!!!!
    国民民主・・・・・国民はカレー味のウンコ食え!!!!
    共産党・・・・・・・断固拒否する!!!!!

    自民・国民民主・・・・対案を出せ!!!!!無責任だ!!!

  5. 愛国者 より:

    共産党は日米安保廃止も自衛隊廃止も連立政権には持ち込まない
    と前から言ってんのに何言ってんだアホ玉木は
    しかも安保は廃案にしないとか完全に自民党の仲間

    こんな自民党の仲間のクズ政党のために共産党は候補者を降ろすべきではない

    • 匿名 より:

      ただし、ここで問題になるのは日本国民の民度のあまりの低さ。
      自民と民民が同じ穴のムジナであることを知らない馬鹿は多い。
      まあ、その馬鹿でもさすがに民民に入れるほど馬鹿ではないが、民民を野党と勘違いしている馬鹿はとにかく多い。
      立憲、自由、共産、社民が共闘で候補者を一本化しても、民民が候補者を立てると、日本国民の民度の低さが『野党分裂』とプロパガンダされるだけであっさりコロッと騙される。
      本当は自民を利するために民民が野党共闘を邪魔しているとは微塵も思わない。

  6. 匿名 より:

    >共産党と連携すれば、有権者への裏切りではないのか。

    支持率ゼロのくせに何を言う?(笑)

    • 匿名 より:

      そもそもなんで有権者への裏切りなのか理解できん。
      でんでん一味がどんだけ有権者を裏切ってるかってのを完全に棚上げしたゆ党感丸出し。

  7. 匿名 より:

    誰も振り向いてくれないねー
    悲しいねー 辛いだろうねー
    自民党にも共産党にも 相手にされていないですね
    あとは 最高権力者個人の小間使いとして 国会内をちょこちょこと 動き回るだけですね 
    でも 支持率0%では 何を言っても どんな行動とっても だれも相手にしてくれないですね

  8. 匿名 より:

    「真相究明は必要だが、次は『政権のクビ』を取る覚悟で決定的証拠を入手し、追及しなければ、こちらの責任も問われる。国民も飽きていることは、厳しく認識しなければいけない」
     たまきチャンネルで道行く人の「年金」「給食費」「奨学金」なるキーワードを聞いて、更に一歩引けてしまった感じでしょうか。決定的な証拠を入手するまで国民が覚えていられるものかな。ヒアリングを「官僚叩きのバッシング」だと言われたの気にしてるのでしょうか。答えない官僚が問題なのであって特別委員会を作って膿が出るまで続けるべきでしょう。飽きてきたというが納得できない方が多いので、そちらの声を掲げて、共産党のように「忘れない」よう「身近な」で「重大な」問題として国民に知らせていくのが役割かと。

    「われわれは、安全保障関連法の白紙撤回を求めず、-略-自衛権の行使対象も、同盟を結んだ国に絞る。それができないなら、正面から憲法改正を議論すべきだ」
     アメリカの防衛費削減にいい様に使われそうですが、どの辺りに白紙にしない利点があるんでしょうね。アメリカの為に作ったものより自分らで一から作った方が良いような気がするけどね。
     
     立憲は7月17日に国会改革会見を開き、与党牛耳る国会の問題点と改善点を17項目に整理して語っていました。国会のチェック機能を正常化するよい提案会見でした。一方で国民民主は7月31日に国会総括として付帯の弁明に終始しており国会の「ルール」をとても強調していた。田中さんのブログの言葉まで借りて他の野党をチクリと刺す発言もあり残念な会見でした。付帯の効果を証明するより国会の改革で付帯に走らなくてもよいルールを作ることが健全ではないでしょうか。

  9. 匿名 より:

    意味のない附帯決議を誇ることしかできない政党もどきが 何を言っても ダメです
    あなたがた いったんまとまって国会議員をお辞めになって 出直された方が よろしいですよ

  10. 匿名 より:

    玉木雄一郎・国民民主党代表の発言は欺瞞に満ちている。自衛隊を「何である」と認めろと言っているのか。自衛隊を外国を攻撃できる軍隊として認めるのか、それとも自衛のため手段としての警察予備隊の延長上として保安隊、自衛隊として認めるのか、玉木は明確に発言すべき。玉木は「自衛権の行使対象は同盟を結んだ国に絞る」と言うが意味不明。同盟国が侵略国家になれば日本国も同調して他国に侵略するという意味か。そもそも自衛権の行使は敵対する他国からの攻撃に対処するもので、同盟国に対してではない。それから憲法の解釈の幅と自民党とその翼賛政党は言うが、解釈の幅などない。明確に禁止と書いてある。それを解釈の幅などという言葉を使って違法にも自衛隊の権限を拡大させてきたのは、自民党じゃないか。日米同盟にしても、日本国の成立と同時に日米同盟があった訳ではない。米国以外に同盟を求めてもよいし、新しく地域同盟を創設しても良い。玉木雄一郎は、どの国を外敵と認識して日米同盟と発言しているのか。付け加えれば、未だに日米地位協定に縛られて米軍の占領下にある日本国が「日米同盟」といまさら声高に叫んで何の意味があるのか。日米同盟の前にまず、独立する事が先だ。それから、集団的自衛権を認めるという事は、どこかの国を侵略する、と世界に明言したのと同じ事。自衛のためならば個別的自衛権で充分だ。よくエネルギー問題で、エネルギー資源の確保のために軍隊の力が必要だ、という愚かな詭弁を弄する資本家がいるが、この発言の裏には「エネルギー資源の確保のために他国に侵略して資源を略奪する用意(軍隊)が我が国にはある。それにより我が企業が資源を独占できる。我が企業の収入が増大するという事は、我が国が潤うのと同義語である」という犯罪的思考がある。要するに、他人の家に拳銃を持って押し入り、他人を殺傷して金品を奪う行為は、自分には認められた権利だと言っているのだ。この200年間、米・新自由主義者、欧州金融カルテルは世界中で他国の資源と資産を独占するために戦争を起こし、他国を貧困の縁に追いやり、自分のファミリーだけが快楽を貪(むさぼ)ってきた。今、トランプ大統領もプーチン大統領も「もう、そういう馬鹿げた行いはやめよう」と動いている。日本国の安倍晋三は未だに新自由主義者を仲間とし、麻生太郎はドゴール主義を信奉してファシズムを認める発言と行動をし、管義偉は民主主義を守ろうとする日本国民の声を馬鹿にして無視している。憲法改正によって、日本国を戦争屋やファシズムたちの住み処にさせてはいけない。玉木雄一郎の考えと発言は、戦争屋やファシストたちに益するもので、日本国民の安寧のためにならない。

  11. 匿名 より:

    あっそ。
    考えが合わない人は国民民主党から 離れるべし。
    政治をよくわからない人間から見ても
    何故この人は 自民党に入らないんだ?って感じがする。

  12. 匿名 より:

    ここの人はよくわからないな。
    独立を唱えながら、なぜ米国の核の傘で守られている現状を是とするのか。
    日米地位協定や合同委員会を廃止するには、ただ交渉するだけでは不可能だろう。
    それが可能というのなら、言葉だけで安倍を説得できるよね。
    本気で独立を目指すのなら、自衛隊を軍事的に扱うことも検討したらどうか。
    米国は、国債や経済など、あの手この手で日本をコントロールしているのだから、こちらも相応のことを考えていかないと。

    玉木がやろうとしているのは、自衛隊の活動範囲を憲法で明文化することだ。
    現状では、憲法で自衛隊を定めても、その自衛権は関連法案によって範囲が限定されることになる。
    それを憲法で制限し、地球の裏側まで戦争へ行けるような法案を禁止するのは間違いではない。
    今はそうではないから、自民党が勝手に解釈をして、PKO派遣法や、安保法案のような違憲法案を通しているんじゃないか。
    まあそれを他党にまで押しつけるのは問題だが、共産党も、自衛隊の存在そのものが違憲という考えを、見直す時期に来ているのでは?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑