”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【水分重要】熱中症かと思ったら脳梗塞ということも、脳梗塞は夏にも多いらしい

投稿日:

【ABC特集】夏に増える脳梗塞 熱中症と症状が同じ!?

「熱中症だと思ってたら、実は脳梗塞だったというケースがあるんですね。だから治療が遅れると、命にかかわることもあるんです」(谷先生)

 「やっぱり『熱中症』なんかなっていう風に勘違いしてしまう。さらに、それが数分とか数十分で消える場合があるんで、“あっ、やっぱり軽い『熱中症』だった”っていうので放っておくと危ない」(谷先生)

「これはなんで起こるかというと、人間というのはやっぱり暑くなると汗かきますよね。で、汗をかいた分の水分をしっかり補わないと、血液がドロドロになるんですよ。ドロドロになることによって、血管が詰まりやすくなると」(谷先生)

「あんまり飲む量が多いとアルコール利尿といってね、アルコールによっておしっこがたくさん出て、体が脱水傾向になることがあるんですね。ですから、やはりたくさんお酒飲んだ日は、気をつけて寝る前にしっかりと水分を補っていただいてから寝ていただきたい」(谷先生)

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-健康, 医療・病気関連ニュース
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.