”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【日本政府は見捨てるのか?】「トモダチ作戦」で被爆した米兵の訴訟を却下、活動時はメルトダウンや放射性雲は知らされておらず

投稿日:

3.11から8年 “トモダチ作戦”で被曝した米兵23人が癌に 米連邦地裁は米兵の訴訟を却下 

3月4日(米国時間)、サンディエゴにある連邦地方裁判所が、「トモダチ作戦」の名の下、被災地の救援活動に従事した420名を超える米兵たちが被曝により健康被害を受けたとして、東京電力と原子炉を設計したジェネラル・エレクトリック社(GE)に対して起こしていた2つの集団訴訟を却下したのだ。

 1件目の提訴は2012年、2件目は2017年に起きており、それぞれ、医療費など1ビリオンドル以上の損害賠償を求めていた。

 当時、米兵たちは、サンディエゴを基地にしている空母ロナルド・レーガン号に乗船し、韓国に向かっていたが、大地震により津波が発生したため、福島沖から被災地に救援物資を運ぶなどの活動に従事することとなった。

 しかし、米兵たちは、津波がメルトダウンを引き起こしたことや太平洋に放射性雲が広がっていることは知らされていなかった。また、原発事故後最初の一週間は、放射線防護のない状態で、船上で活動した者もいた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
放射能の存在を知らされずに活動させられたのに訴訟却下とは酷い話です。そして、日本のために身を挺して活動してくれたのですから、日本政府が補償に乗り出すのは当然の話でしょう。自衛隊が被ばくさせられたらどう思いますか?使えない米兵器なんか購入せずに、トモダチ作戦に参加した米兵の補償に税金を使うべきです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-エネルギー・原発・放射能, 海外
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.