”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【怖い】一日11時間労働で急性心筋梗塞の発症リスク1.6倍、+サラリーマンなら2.1倍、+50代で2.6倍

投稿日:

長時間労働は急性心筋梗塞の発症リスク約1.6倍に

グループでは40歳から59歳の男性、およそ1万5000人を対象に20年間にわたって追跡調査を行い、労働時間と心筋梗塞の関連を分析しました。

その結果、1日の労働時間が7時間以上、9時間未満の人たちを基準にすると、11時間以上の長時間労働の人たちは、急性心筋梗塞の発症リスクが1.63倍に高くなることが分かりました。

中でも企業などで働くサラリーマンで長時間労働をしている人では発症のリスクは2.11倍と高くなったということです。

また、50代で長時間労働をしていた人では2.60倍とさらに高くなりました。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
東京だと社員で11時間以上労働なんて人は普通ですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-仕事・労働, 健康, 医療・病気関連ニュース
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.