”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【衆参W選全議席予測】「増税延期」「野党共闘実現」前提、「立憲民主党躍進も、野党共闘は不発、改憲勢力3分の2は維持できず」(夕刊フジ・選挙プランナー松田馨氏)

投稿日:

安倍首相「衆参W選」で局面打開!? 衆院補選自民2敗で… 選挙プランナーによる「全議席予測」は驚くべき結果に

そこで、夕刊フジでは松田氏に対し、(1)安倍首相が、消費税率10%への引き上げを凍結・延期するとの「大義」を掲げる(2)ある程度、「野党共闘」が実現する-という条件を前提に、今回の2補選の結果も反映させて、衆参ダブル選の結果を予測してもらった。

自民党は「選挙区35、比例区17」の「52議席」で、現状より14議席も減らす。野党側では、枝野幸男代表率いる立憲民主党が「選挙区18、比例区12」の「30議席」で、22議席増と躍進する。

 ただ、自民党は公明党も加えると135議席となり、与党で過半数は維持する。

では、衆院はどうか。

 自民党は現有283議席だが、「小選挙区185、比例代表62」の「247議席」(36議席減)となり、単独過半数(233議席)を上回る。

 野党側では、立憲民主党が現有55議席から「小選挙区64、比例代表53」の「117議席」(62議席増)となる。

「大阪ダブル選」で圧勝した日本維新の会も、12議席から「小選挙区14、比例代表13」の「27議席」に増やす。

それでも、自民、公明両党と、日本維新の会、希望の党の「改憲勢力」は計300議席で、憲法改正の国会発議に必要な衆院3分の2(310議席)には届かなくなる。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
松田さんは与党サイドの発言が多かった人(最近は知らない)ですが、議席予測はそこそこ信頼できると思ってます。「衆参w」と「増税延期」でこの結果予想ですから、「参議院単独」&「増税」では自民党はもっと負ける可能性が非常に高いです。となると、やはり衆参wを仕掛けてくる可能性は濃厚かと思います。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.