”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【憲法記念日】安倍政権での改憲「反対」48%(賛成31%)、改憲機運「高まっていない」72%、改憲安倍首相に手詰まり感「20年施行」道筋見えず

投稿日:

安倍政権での改憲「反対」48%
 安倍政権の間に憲法改正を行うことへの賛否については、「反対」が48%と、「賛成」31%を上回った。自民支持層は「賛成」が61%で「反対」24%を上回る一方、無党派層は「反対」が56%を占め、「賛成」は21%だった。

改憲機運「高まっていない」72% 朝日新聞社世論調査
3日の憲法記念日を前に、朝日新聞社は憲法に関する全国世論調査を実施した。憲法を変える機運がどの程度高まっているか尋ねたところ、「あまり」と「まったく」を合わせた「高まっていない」は72%に上った。安倍晋三首相は2020年の改正憲法施行を目指すが、有権者の意識は高まっていない。

改憲、安倍首相に手詰まり感=「20年施行」道筋見えず-3日は憲法記念日

公明党も改正案の処理は容認しているものの、改憲には慎重姿勢を強めている。改憲論議には野党第1党の立憲の協力が必要と唱えており、公明幹部は「自民党が自由討議を強行するなら、出られない」と語った。こうした状況に、会期末を6月26日に控え、自民党の閣僚経験者は「改憲論議の本格化は早くても参院選後」と漏らす。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
安倍総理が発言コロコロ変えた、政府・与党の数任せの強引な国会運営、公明党がブレーキ役になった、野党が踏ん張った、など原因は色々ありそうですが、改憲機運は高まっていないのが現状です。そして、参議院選挙(衆参W?)後に、改憲勢力3分の2が計算できないような勢力図になれば、「改憲」という言葉すら出なくなる可能性が高まります。(3分の2あっても改憲できなかったため)改憲という視点からも参議院選挙(衆参W?)が非常に重要になってきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.