”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【キタ、キタ━(゚∀゚)━!】「譲るべきは譲る」共産党が「野党共闘」で柔軟姿勢!「相互支援・相互推薦」には言及せず、候補者一本化の作業が加速する可能性、玉木氏は複数区統一

投稿日:2019/05/12/ 09:39 更新日:

共産、参院選1人区で柔軟姿勢 志位氏「譲るべきは譲る」

 共産党は12日、第6回中央委員会総会を東京都内の党本部で開いた。志位和夫委員長は幹部会報告で、夏の参院選改選1人区での野党候補一本化について「互いに譲るべきは譲り、一方的な対応を求めることはしない」と述べた。従来、共産が候補者を降ろす条件としていた「相互支援・相互推薦」には言及せず、柔軟な姿勢を示した。候補者一本化の作業が加速する可能性がある。

 全国で32ある改選1人区の野党間調整を巡り、志位氏は報告で「共産候補者で一本化を実現した選挙区では共闘の和を広げる」と語った。従来の「条件」には触れなかった。

国民 玉木代表 定員複数の選挙区でも候補者調整を

夏の参議院選挙に向けて国民民主党の玉木代表は、札幌市で記者団に対し、与党に対じするため、1人区だけでなく定員が複数の選挙区でも野党側の候補者調整を進めるべきだという考えを示しました。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
やりましたーーーー!!共産党は譲り続けてるわけですから、支持者に配慮して、選挙直前じゃないと言いだせないとは思ってましたが英断です。「選挙のカギを握るのは共産党」とほとんどのアナリストが言ってますが、今回の決断でどれだけの野党議席が確保されるか。いや、素晴らしい。日曜の夜に嬉しいビッグニュースが飛び込んできました。玉木氏は静岡で榛葉を降ろせば、覚悟を見せられるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-2019通常国会, 政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.