”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【希望発見!】栃木県内調べですが、比例投票先、公明党5・6%、共産党2・0%、国民民主党1・8%、「れいわ新選組1・7%」、日本維新の会0・8%、社民党0・8%

投稿日:2019/07/07/ 09:11 更新日:

【とちぎ参院選】自民に投票45%トップ 比例代表栃木県内序盤情勢

21日投開票の参院選で、4、5の両日に共同通信社が行った序盤情勢の世論調査によると、県内の有権者が比例代表で投票する政党は、自民党が44・8%とトップで、2位の立憲民主党の14・1%を大きく引き離した。公明党は5・6%、共産党2・0%、国民民主党1・8%だった。ただ全体のうち28・5%が「分からない・無回答」で、終盤にかけて情勢が変化する可能性もある。

参院選の比例代表は、政党名または比例代表候補者名のどちらでも投票できる。調査結果は両方を合計して算出した。

 他の政党・政治団体は「れいわ新選組」が1・7%、日本維新の会と社民党は0・8%ずつだった。

前回2016年の序盤情勢と比べると、自民は11・5ポイント増と大幅に伸びた。立民は当時の民進党との比較では4・1ポイント増えたが、自民に大きく水をあけられている。公明は0・1ポイント増、共産は0・9ポイント減となった。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

都道府県別投票総数、有効投票数、無効投票数(比例代表)


ちなみに、栃木県内の2016年の参院選比例獲得票数は、共産党5万6千票、維新の会8万8千票、社民1万6千票、生活の党1万7千票、でした。

栃木県内調べとは言え、共産党や国民と肩を並べ、維新の倍以上とはスゴイ数字じゃないですか。頑張って今後支持が広がって行けば、何かが起こるかも知れないと思える数字です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-2019参院選
-, ,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.