”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【報道レベルの差が歴然】日経新聞「日韓の政治対立によって両国経済の危機」フジテレビ「韓国市民は一度冷静になった方が良さそうだ」

投稿日:

日韓「政冷経冷」の危機 歴史問題、貿易・投資に影

15日に74回目の終戦記念日を迎えたが、元徴用工判決に端を発した隣国・韓国との対立は解消の兆しが見えない。日韓は輸出管理の厳格化で応酬を繰り広げ、貿易、投資、人の往来にも暗い影を落とす。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日の演説で対話を呼びかけたが、両国の溝は深い。政治の対立が、強固な結びつきを保ってきた経済に及ぶ「政冷経冷」の危機が迫る

日韓の貿易額は増えてきたものの、韓国の輸出相手国として日本は2018年が5位と00年の2位から下がった。中国は3位から首位に浮上。

韓国航空会社が「メンタル崩壊」…日本路線運休で中国目指すも挫折

韓国で日本不買運動が盛り上がっている。連日「予想外の反発に狼狽している」「日本は悲鳴を上げている」など、メディアも勇ましい。確かに売り上げを大きく落としている企業もあり、日系企業の韓国人従業員が、人件費を削減するために「出勤停止」になったとの話もある。同じ韓国人が職を失いつつあることも、今回ばかりは「しょうがない」という受け止めだ。

運休となった路線は、札幌、富山、静岡、佐賀、大分、熊本、鹿児島など地方都市が中心。自治体からは、貴重な収入源であるインバウンドが減少するとして、憂慮する声が出ている。地方にとって切実な問題だ。

韓国人による日本不買運動により、日系企業で働く韓国人が解雇されたり、航空会社や旅行業者のような企業の業績が大幅に落ちる事は今後も続くとみられる。またこうした韓国国内のゴタゴタは、投資家の韓国離れを招きかねない。それでなくとも米中貿易戦争や香港のデモ隊と当局との激しい衝突など、韓国の周辺では不確定要素が多く、韓国ウォンの為替相場は連日乱高下している。

不買運動の抗議デモなどを取材していると、日本への反発をひしひしと感じるが、韓国市民は一度冷静になった方が良さそうだ。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
日韓両国のメリット・デメリットを分析する日経と、韓国のデメリットに焦点を当てるフジテレビ。フェアで、信頼できる報道はどちらでしょうか(今回の報道で)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 海外
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.