”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【現実】「外国人が働きたい国ランキング」日本33ヶ国中32位、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア、フィリピンよりも下

投稿日:

外国人が働きたい国ランキング、日本はワースト2位 敬遠される理由は?

英金融大手のHSBCホールディングスが7月に発表した、外国人が働きたい国ランキングにおいて、日本は調査対象33カ国中32位という結果になりました。ある程度、予想できる結果ではありますが、ネットでは「このままでは、外国人労働者にソッポを向かれてしまう」との嘆きの声が出ています。

 安倍政権は深刻な人手不足に対応するため、外国人労働者の本格的な受け入れをスタート。日本は事実上の移民政策に舵を切りました。かつての日本は豊かな国と思われており、アジアを中心に多くの外国人が日本での就労を希望していました。しかし日本経済の貧困化が進むにつれて、日本の労働市場の魅力は薄れており、外国人に門戸を開放しても、日本側が望む水準の労働者が集まらないのではないかと懸念する声が出ています。日本よりもランキング上位に位置している国の中には、すでに先進国に近づいているタイやマレーシアは当然のこととして、日本が人材供給源として期待するベトナムやインドネシア、フィリピンなども含まれています。下手をすると、ベトナムから移民を受け入れるのではなく、日本人がベトナムに出稼ぎに行くという状況すら考えられるわけです。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
日本は危機感を持って踏ん張らなければならなかったここ10年で「日本スゴイ」と「嫌韓バカフィーバー」で現実を見ないようにさせられて、本当にダメな国になってしまいました。そして、そんなダメな国が人口の急速な減少と超高齢化を同時に迎えるわけですから・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-仕事・労働, 海外

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.