”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【意味不明】「インフルは早期検査して早期隔離するのに(去年まで)、コロナは検査せず野放し(感染症の新対策?)」「今年インフルが少ないのは検査してないから?」

投稿日:2020/03/28/ 09:37 更新日:

インフルエンザ昨年比400万人減 新型ウイルス対策と暖冬の効果か

理由の一つとして考えられるのは新型コロナウイルスです。1月16日に日本で最初の感染者が確認されたこともあり、例年以上に手洗い等の対策が徹底して行われています。こうした対策はインフルエンザの予防と共通で、流行しやすい気象条件となった立春後の寒波の際も、患者数の増加は見られませんでした。

今シーズンの累計の患者数は約695万人で、医療機関の状況等に違いがあるものの、昨シーズン同時期の約1108万人に比べ、400万人余り減少しています。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
「去年までの日本の感染症(インフル)対策は何だったのか?」今年のコロナ対応を見ると、そういった考えがどんどんわいてきます。
去年までは、蔓延を防ぐために病院に行けばすぐにインフル検査をされ、社会から隔離されてたんですけどね。それなのに今年は。
各国は検査を拡充し、医療体制も拡充するということをやっているのに、日本だけは「医療崩壊」を叫び、検査を抑制し見た目の感染者数を減らすなんてことをやっています。
私には日本が何をやりたいのか、全くわかりません。
若い人に外に出るなというのも無理な話ですし、日本の感染者数見てたら(表に出ている)大丈夫と思っても仕方ないですよね。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-医療・病気関連ニュース, 政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.