”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【絶対反対】菅政権(気象庁)が「初鳴き」「開花」など、70年間続けてきた動植物観測の9割を年内で廃止へ⇒ネット「政府が政府なので文化軽視か」「行政改革のつもりか」

投稿日:

気象庁 動植物観測の9割を年内で廃止へ 「さくら」は観測継続

各地の気象台の職員などが観測している動植物は、「うぐいす」や「あぶらぜみ」「さくら」「うめ」など合わせて57種類で、中には「しおからとんぼ」や「とのさまがえる」などもあります。

しかし、近年は、気象台周辺で都市化が進むなど生態環境が変化し、標本とする植物の確保や対象の動物を見つけることが難しくなっています。

例えば「とのさまがえる」は、観測が開始された昭和28年には全国38か所で確認されていましたが、去年は5か所にとどまっています。

このため気象庁は、全体のおよそ9割にあたる51種類の動植物の観測をことしいっぱいで廃止することになりました。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
自然保護、生物の記録、日本文化のためにも、コストをかけても絶対に継続すべきではないでしょうか。そして、何年も「標本とする動植物」が見つけられなくなったら観測をやめても仕方ないのかも知れませんが。一気に9割なんてあり得ません。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 社会問題
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.