”本当に”健康になるためにシンクタンクとして提言します。

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【無症状者を放置した日本が失敗した理由】コロナ感染源、50%以上は無症状者( 米疾病対策センター研究)

投稿日:

コロナ感染の半分以上、径路は無症状者か 米CDC研究

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)の研究者グループは16日までに、新型コロナウイルスの全ての感染事例の約59%で感染源が無症状者になっている可能性があるとする新たな調査結果を発表した。

米医師会誌が掲載した。現実に起きている事態を踏まえた研究結果ではなく予測モデルに基づく推論とした。中国で実施された研究8件のデータを活用したという。

これによると、あり得るシナリオを広範に考えた場合、感染の少なくとも50%は無症状者を通じたものと推測された。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
日本でも最初に北海道で感染が広まったときは「症状の出にくい若い人が感染を広げている」と強調され、無症状者による感染拡大にスポットが当たった時がありましたが、「検査抑制」の空気により下火になり、クラスター対策一本でコロナ対策を強行し続け、崩壊に次ぐ崩壊を繰り返すという大惨敗となってしまいました。もう遅すぎますが、それでも今からでもやらなければなりません。徹底的に行動を抑制して抑え込み(短期集中)、検査しまくって隔離するしか道はありません。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

「健ブロ」をシェア・拡散して健康な社会を取り戻そう!

-医療・病気関連ニュース, 政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.