”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【すげぇ】坂上忍が池上彰の番組で「安保法案の時の採決の仕方は独裁と言えば独裁」とぶっこむ

投稿日:2015/10/12/ 04:29 更新日:

sdaqwssaawwww

スポンサーリンク

http://lite-ra.com/2015/10/post-1578_3.html
しかし、一方で、小藪のメンタリティというのは、いまの日本社会を覆っている空気を反映しているともいえる。知識や教養を鼻で笑い、実用性にのみ価値を求め、歴史の流れや客観性を軽んじ、世界を自分が理解したいようにしか理解しない反知性主義というやつだ。

 そして、この空気は、政治という分野では、それこそ小籔の言う「ライト独裁」を求める行動と結びついている。民主主義的な手続きに「まどろっこっしい」と苛立ち、“改革”“危機管理”などというキャッチーな言葉に簡単に踊らされ、中身を検証しないまま飛びつく。そして、民主主義を口汚く罵るような扇情的な政治家の言葉に熱狂し、独裁者をつくりだしていく。

実際、橋下徹や安倍晋三などはその典型と言っていいだろう。彼らは「ダブル行政の無駄」「国際社会の激変」「中国の脅威」などをことさら強調し、市民の怒りや不安を駆り立ててきた。そうした話の裏側には、都構想による無駄や安保法制がテロの危険を生むという“さらなる問題”が隠されているにもかかわらず、国民はいとも簡単に騙され、彼らを支持し続けている。

 しかも、テレビで堂々と「ライト独裁」を求める声が放映され、それが支持されるようになったいま、この動きはこれからもさらにエスカレートしていくだろう。安倍首相や橋下徹の独裁の道は市民の側から用意されようとしているのかと、ため息をついたそのとき。小籔の発言を受けて、ひとり、声をあげた芸能人がいた。坂上忍だ。

「安保法案のときの採決の仕方なんかは独裁っていったら独裁の匂いもしますからね。あんなやり方」

 坂上は安保法制が可決されようとしていたときにも、生放送の『バイキング』(フジテレビ)で、「(安保法案は)ぼく、大反対なんですね」「武器持たないで憲法9条持ってりゃいいんじゃないの? だって、被爆国なんだから。被爆国にしかできないことあるわけで、いまだからこそ、武器持たない日本でいてほしいなっていうのが強い想いですかね」と発言。現在進行形の独裁政治に対し、“勝手に決めるな”と意思表示していた。今回も、小籔のように安易な改革煽動や独裁者のまやかしの言葉に乗せられてたまるか、という、坂上らしい反骨心と、しっかりとした民主主義の考え方が表れた発言だった。

 坂上のような存在には光を見る思いだが、しかし、残念ながら大勢はやはり、小藪の側にあるだろう。

「ライトだから大丈夫」と言っているうちに、安倍がさらにこの国の民主主義を解体し、それを引き継いだ橋下が本物の独裁を完成させる。そして、橋下の宣伝部長として引っ張りだこになった小藪が「いやいや、橋下さんの独裁は素晴らしい独裁ですから」とドヤ顔で語る……。そんな恐怖の未来は、すぐ目の前にきているのかもしれない。

1時間30分過ぎのシーンです
池上彰のニュースそうだったのか 2015年10月10日


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

小藪も権力にすり寄る発言が目立つので酷いですが、北村弁護士は最低ですね。

違憲ではないかという問題。
自衛隊の内部資料の問題。
立法事実(その法律が必要な事実)とされたホルムズや日本人が乗った船の問題。

などなど、徹底的に野党側の問題に答えず、明後日の方を向いた訳の分からない答弁をし、衆参200時間ずーっと時間稼ぎしていたのは間違いなく与党である自民党です。こんなことは国会をある程度見ていた人なら一発でわかる事実です。まさしく御用弁護士。

それにしても、坂上忍は独裁というキーワードから急転直下で戦争法の採決を持ち出してぶっこむとはさすがですね。こういった権力に屈しない姿勢を貫いてこそ本物の「毒舌家」ですな。たけし、松本、小藪、有吉なんてのは「毒舌ごっこ」時の権力への風刺もできない「芸人モドキ」ということですね。

んでもって、日本は現在ほぼ独裁国家であることもあわせて認識しておかなければなりません。

【漢だ!!】坂上忍が戦争法案反対を生放送のバイキングで表明!!山本太郎を唯一まともな政治家と評し財務省批判も!!渡辺えり、つっちー、鈴木奈々も反対!!

【人間かまくら】安保特別委員会の採決は「自民党」の暴力か?事前に懐中電灯を用意!民間人である議員秘書の乱入の疑いもあり国会法違反の疑いも!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.