”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【豪遊】麻生・谷垣・甘利・塩崎・稲田など自民党10幹部が政治資金(国民の税金や企業献金)で高級クラブや三ツ星料理店へ通う!平均年間566万円! 

投稿日:

CVl4DhmUwAEyJsvCVnNuHhUEAImzMP

スポンサーリンク

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-12-07/2015120701_04_1.html

高級クラブやカウンターしかないすし屋で「会合」?―。第3次安倍改造内閣の主な閣僚と自民党幹部10人が、飲み食いに多額の政治資金を使っていることが2014年分の政治資金収支報告書で判明しました。10人が飲み食いに支出した回数は平均88回、566万円。庶民感覚とかけ離れた実態からは、企業・団体献金や政党助成金を原資とした政治資金の使い方が問われます。

「政治活動費」の支出の中で、飲食費の比重が高く、谷垣禎一自民党幹事長の「政経文化研究会」は39%を占めていました。

 驚くのは、高級料理店での飲み食いです。

安倍首相の「晋和会」は、東京都内のふぐ料理店などで「会合費」として飲食費に少なくとも164万円余りを支出しました。新聞の首相動静欄をみても連日のように、秘書官や国会議員らと高級店で夕食をともにする安倍首相ですが、これについては、どこからの支出なのか、不明です。

 もっとも支出が多い麻生太郎副総理・財務相の「素淮会」は、港区六本木の高級クラブに1回で98万円を支払うなど計9回総額755万円を使っています。

 選び抜かれた料理店を星の数で格付けする「ミシュランガイド東京2015」(14年12月発行)が紹介する星付きの店7店に、3人が支出していました。

 麻生副総理は「ミシュランガイド」で最高ランクの「三つ星」の高級すし店に計4回総額118万円を支出していました。「二つ星」の日本料理店に3回、計29万円余りを支出しています。

谷垣幹事長は、「二つ星」の日本料理店、「一つ星」フランス料理店とすき焼き店に計8回、217万円を払っています。

 塩崎恭久厚生労働相は「三つ星」の日本料理店に2回、「一つ星」の店に1回の支出がありました。

 これらの支出は、「渉外費」や「会議費」などの名目があるものの、「政治活動」を口実にしたグルメや豪遊の疑いがあります。

 利用した店の中には、カウンターしかない高級すし店で、店主がにぎるすしを30分以内に食べ終わる“ルール”の店もありました。こうした飲食店で本当に「会合」が行われたのか、疑問です。

 収入と支出の両面で、自民党の感覚まひが浮かびあがります。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

子供の貧困基金に300万円しか集まらないというのに、この金の使いっぷり。

安倍総理呼びかけの「子供貧困基金」への寄付300万にとどまる。経済界からの大口寄付は一件もなし。「税金使え、バラマキやめろ、自民党への献金寄付しろ」の声。

名古屋市長の河村たかしは問題発言もありますが清貧こそが政治家に求められると言い、自分達の給料削って庶民の減税をやっています。僕のその点には大いに賛同します。

庶民の血税を使って食べる高級料理、いったいどんな味がするんでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.