【鬼畜】精神疾患の患者らの「障害基礎年金」厚労省の新指針で来年「7.9万人が受給減額・停止」と精神科医でつくる団体が推計。ネットでは「弱いものは死ねか?」「完全にナチスの手口」と大批判の嵐!

【鬼畜】精神疾患の患者らの「障害基礎年金」厚労省の新指針で来年「7.9万人が受給減額・停止」と精神科医でつくる団体が推計。ネットでは「弱いものは死ねか?」「完全にナチスの手口」と大批判の嵐!

公開日: : 政治経済, 社会保障

141725640646203449177_f55503d5

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H3L_S5A211C1CR8000/

国の障害年金の支給・不支給判定に大きな地域差があるのを是正するため、厚生労働省が来年から導入予定の新しい判定指針について、全国の精神科医でつくる団体が「障害基礎年金を受け取っている精神・知的・発達障害者のうち、1割に当たる約7万9千人が支給停止や支給減額になる恐れがある」との推計を12日までにまとめた。

 日本精神神経学会など7団体でつくる「精神科七者懇談会」で、同会は「年金を受給できなくなると障害者は大きく動揺し、症状の悪化や意欲の低下につながる」と指摘。厚労省に柔軟な対応を申し入れた。

1級の受給者約5万6千人が2級への変更が予想され、支給が減額される。2級の約2万3千人は3級となる可能性が高い。障害基礎年金は3級では対象外のため支給停止となる。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H3L_S5A211C1CR8000/

障害基礎年金・・・国の障害年金はその原因となった病気やけがで初めて医療機関にかかった「初診日」にどの年金制度に加入していたかによって、受け取れる種類が異なる。初診日が国民年金加入中や20歳前などの場合には障害基礎年金となる。受給者は身体障害者を含め約180万人。更新の審査が1~5年ごとにあることが多い。支給額は1級で月約8万1千円。2級になると約6万5千円に減る。3級では支給されない。


以下ネットの反応。

安倍政権の弱者切り捨てはとどまる所を知りません。一億総活躍というのは「弱者はお国に迷惑をかけないために死ぬことが活躍すること」という意味合いなのでしょうか?

もう、この政権には何も期待できないのであとは、今は健常者の人が「誰でも簡単に障害者になる」「自分もちょっとしたことで弱者になる」ということを、どれだけ自分事として捉えていけるかだと思います。

一人一人が「自分は政治家である」ぐらいの壮大な勘違いをして取り組んでいかないと、マジで死にます。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    切り捨てていったら国民一億いなくなるよ
    三千万人くらいでちょうどいい国家をつくろうとしてるのかしら

  2. 名無し より:

    受給減額とか受給休止に国民が賛成多数なら受給を休止してもまったく問題ない。

    逆に国民が反対多数なら有志からの多額の寄付金が集まるから心配いらない。

    コメント欄に受給減額、受給休止反対と書いた人は、当然の話だけど自分のお金を寄付するだろ。

  3. ggggg より:

     まあ、致し方無いわな・・。
    私は福祉系だけど、老人福祉がどれだけ切られたと思っとるんだ。障害者・児の方もやられている。
    むしろ、精神の方に手を付けないんだったらそっちの方が不公平だよ・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑