”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

子育て給付金廃止をゴリ押したのは、あの稲田朋美議員だった!「子育て支援の政策は別にやっている」「軽減税率が決まったから」と押し切る。

投稿日:2015/12/17/ 01:23 更新日:

1ba7842b

スポンサーリンク

http://www.asahi.com/articles/ASHDJ5JBLHDJULFA02Q.html

子育て給付金は14年4月に消費税率を8%に引き上げたのにともない、公明党が「子育て世帯への支援も必要」と主張して支給が決まった。高所得世帯をのぞく中学生までの子ども約1600万人を対象に、14年度は1人あたり1万円が配られ、今年度は金額を減らして支給した。

 16年度分の扱いについて自民党の稲田朋美、公明党の石田祝稔両政調会長が協議。石田氏は継続を求めたが、稲田氏は「子育て支援の政策は別にやっている」と主張した。公明が低所得者対策と位置づける軽減税率で自民が譲歩したこともあり、稲田氏は「軽減税率が決まったから」として、廃止を求めて譲らず、押し切った。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

http://www.asahi.com/articles/ASHDJ5JBLHDJULFA02Q.html
16日の会見で、稲田氏は廃止の理由について「軽減税率の安定財源を見つけるため、歳入・歳出改革を進めることで合意している」などと説明した。公明党関係者は「軽減税率のしっぺ返しだ」とこぼした。

何がしっぺ返しなんですかね。こんな見え見えの茶番をやって「おお、公明党様軽減税率ありがとう」とか「う~ん、子育て給付金は頑張れなかったか~」なんて思う奴がいるとでも思っているのでしょうか。

そして、低所得者対策ではまったくない軽減税率が決まったことによって子育て給付金を廃止することを決めた稲田朋美政調会長、子育て支援の政策は別にやっているそうですがどこでやっているのでしょうか?まさかこれじゃないですよね↓↓↓さすがに安倍総理のお気に入りだけのことはあります。

安倍総理呼びかけの「子供貧困基金」への寄付300万にとどまる。経済界からの大口寄付は一件もなし。「税金使え、バラマキやめろ、自民党への献金寄付しろ」の声。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.