【善政】新潟県が「ひとり親」の移住者に奨学金・引っ越し費用の助成を決定!就職支援なども。

公開日: : 政治経済, 社会保障 ,

img_0ddd

スポンサーリンク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151229-00000005-mai-soci

新潟県は、県内の高校や大学に進学する子どもと一緒に県外から移住する「ひとり親世帯」を対象に、奨学金と引っ越し費用を助成する制度を来年度から始めることを決めた。人口減対策の一つで、ひとり親世帯を対象とした移住支援は全国でも珍しい。

県によると、県奨学金に「U・Iターン促進支援枠」を新設。家族の人数などに応じて定める基準以下の世帯収入なら、高校生で月額最大3万5000円程度、大学生で同5万円程度を貸与。奨学金を利用して移住する世帯には、引っ越し費用として最大15万円まで支給する。親の就職の支援や住居の紹介なども行う。県内在住者を含めて返還時に世帯年収が300万円に達するまで返還を無期限で猶予。入学時に最大50万円を無利子で貸与する制度も新設する。

ggfvd

ggfvdww

ggfvdwwee
シングルマザーの支援制度 現状と課題は 9 12放送(NHK札幌放送局)480P

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「ひとり親」への支援を国が縮小する中で、支援を拡大していく動きを見せる新潟県は素晴らしいですね。さらに個人的には泉田知事がいる新潟への引越しは魅力を感じます。

それにしても、政府は「女性の活躍」とか表では言っておきながら、裏では支援の縮小を進めていたのですね。恐るべし安倍政権。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑