”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

元旦のワイドナショーでウエンツが政治を熱く語ってた。「TV番組も若者はバカでもいいではなく、若者が政治を知らないことを辛いと感じるような構成にすべき。」

投稿日:2016/01/15/ 03:52 更新日:

0107uentsu_waidonashow3

スポンサーリンク

http://netgeek.biz/archives/63872
政治系の番組に対して、20代が「分からない代表」として番組に呼ばれることを猛批判。「20代が分からない(という枠)で出ているから、20代は(政治のことを)分からなくても安心してしまう」「選挙権を持ってる年代が分からないで出るってのはよく分からない」などと続ける。そして、ウエンツは政治を知らないことを辛いと思わせるような構成にするべきだと主張していた。

まず、アメリカの現状を「過激な発言で支持を集めている人に、過激じゃない発言で、ちゃんとした政策で支持率を獲得できる他の候補者がいない」と問題視。そして、トランプ氏は日本の政治家の「究極版」だと指摘した。ウエンツによると、トランプ氏の発言は全て建前で、本音を言わない日本の政治家と本質は変わらないとのこと。両者には、解決できない問題を過激に発言するか、しないかの違いしかないと主張していた。

最後に、ウエンツは若者に対して「チャレンジしないことは現状維持ではなく落ちていくこと」と警鐘を鳴らしていた。

17分。28分。あたりです。
ワイドナショー SP- 安藤優子ウエンツ指原 2016年1月1日 20160101 FULL


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

この問題意識よ~くわかります。むかし「おばかタレント」とかいってバカタレント(ほとんどの人は実は賢いやらせですが)がもてはやされた時に、同じ問題意識を持ちました。努力しなくてもいいんだ~、知らなくても恥ずかしくないんだ~という空気が世の中に醸成されたのをよく覚えています(感じたの僕だけ?)。

そして、「安倍総理はまるでトランプのようだ」と言っているようにも聞こえます。本音を言わずに国民が喜ぶようなことばかり言って、実際にやることはとんでもなく国民が苦しむことをやっているわけですからね。

それにしても、ファンの若い娘たちに「衆議院とか参議院とかの政治のいろは」を教えてるって、ウエンツなかなか凄いですね。国分太一と交代させて、朝の枠をやってもらいましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.