【悲報】松ちゃん(松本人志)が「ガキ使」の企画で閉所恐怖症になっていたことが判明。 

370e7819
ダウンタウンの松本人志(51)が日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」のある企画をきっかけに、閉所恐怖症に悩まされるようになったことを告白しました。

松本人志「怖かってん」29分地中潜み閉所恐怖症にhttp://www.nikkansports.com/entertainment/news/1482313.html

ダウンタウンの松本人志(51)が日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」のある企画をきっかけに、閉所恐怖症に悩まされるようになったことを告白した。

 24日放送の同番組で、健康診断を勧められた松本は、「俺ほんまあかんねん。この番組のせいでPET検査とかできなくなった。閉所恐怖症になった。あれまで全然大丈夫だったのに」と告白する。

 松本が閉所恐怖症になる原因となったのは、5年前に同番組で行われた「松本がゾンビメークで地中でスタンバイし、野球の試合中に絶妙なタイミングで登場する」という企画だ。結局松本は登場のタイミングをつかみきれず、29分間も地中に潜み続けることとなり、「閉所でめっちゃ怖かってん」と語っていた。

このVTRをあらためて見た松本は、「自分のタイミングもクソもないわけよ。めっちゃはよ出たいけど、一応我慢せなあかんやん。本当怖い!」と振り返る。それから「暗いところが一切ダメ」になり、かぶりものやCTスキャンにも恐怖を感じるように。2シーターの愛車でさえ「あれ? 狭いな」と一度考えてしまったら、乗っていてドキドキしてしまい、鼻歌などで気を紛らわせるのだと明かした。

ggfgtggggtgaagtgaagegtgaageffgggtgaageffggfe

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

僕もパニック障害持ちなので松ちゃんの気持ちは痛いほどよくわかります。6月21日放送の「ガキ使」もざっと見てみました。他のメンバーは松ちゃんの反応が理解できなさそうでしたが、当事者としては本当につらいものです。

「あれまで全然大丈夫やったのに」と松ちゃんも言っていますが、こういった病気って本当にふとしたきっかけで突然になってしまうんですよね。僕も大好きだった場所がしんどくて行けなくなってしまうという悲惨な体験をしました。

松ちゃんはかぶりものや自分の車も怖いそうですが、これ以上悪化しないことを祈っております。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑