”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【2012年組】自民・赤枝議員「仕方なく進学しても女の子はキャバクラへ」「高校・大学は自分の責任でいくものだ」⇒津田氏「性差別と職業差別と貧困問題の無理解と持論の押し付け。満貫の問題発言だね」

投稿日:

20160202211317oioiopirrr

スポンサーリンク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160412-00000047-asahi-pol
要望に対し、赤枝氏は「がっかりした。高校や大学は自分の責任で行くものだ」という趣旨の主張をした。その上で「とりあえず中学を卒業した子どもたちは仕方なく親が行けってんで通信(課程)に行き、やっぱりだめで女の子はキャバクラ行ったりとか」と話し、望まない妊娠をして離婚し、元夫側から養育費を受けられず貧困になると持論を展開。義務教育について「しっかりやれば貧困はありえないと言いたいくらい大事」と強調した。

 赤枝氏は2012年に比例単独で初当選し、現在2期目。産婦人科医で、会合終了後の取材に「街角相談室でいろんな子どもの話を聞いてきた。子どもが十分教育を終えるまでは国が手厚く援助しないといけないが、高校も大学もみんなが援助するのは間違っている」と説明した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

今の自民党内部の会合ではこういったエラそうなこと、強気なことを言えば党内での株が上がって総理の覚えが良くなるんでしょうね。それが外部へ向けての会合でもぽろりぽろりと出てしまう。そんな感じじゃないでしょうか。もしくは、自分を犠牲にして内部から安倍政権を切り崩そうとしているとしか思えない発言・行動がここ数か月数十人規模で自民党内から出ています。

一言で言うと発言がネトウ〇的なんですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.