【パナマ文書】経団連が欧州委員会の納税情報開示に反対!「一般公開を可能な限り回避するとした国際合意に反する」

公開日: : 政治経済, 社会問題 ,

834edb82

スポンサーリンク

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041800710&g=eco
経団連が国際課税に関してまとめた提言案が18日、明らかになった。欧州連合(EU)域内で事業を行う多国籍企業に納税情報などの開示を求める欧州委員会提案は、二重課税の拡大や企業秘密の流出につながりかねず、反対する姿勢を明確にした。19日に発表する。

 EU諸国はタックスヘイブン(租税回避地)の実態を暴いた「パナマ文書」の問題を受けて課税逃れ対策を強化。影響は日本企業の海外事業にも及びそうな気配になってきた。

経団連の提言案は、欧州委の提案について「懸念する」と指摘。事業を行う国ごとの所得、納税額といった国別報告事項は「企業の機密情報を含む」ものであり、一般公開を可能な限り回避するとした国際合意に反すると訴えた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「一般公開を可能な限り回避するとした国際合意に反する」

世界の要人の税逃れが次々と発覚し、それでは世界の人々が納得しないから、納税情報を公開せよという流れになってるんですよね。観念せい!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋洗大師 より:

    すげえ鬼畜ぶりwww
    国民を時給数百円で働かせ、消費税10パーセント掠め取り、年金使い込んで原資を減らし、テメエらは国民から分捕ったカネで整備された日本のシステムに乗っかって経済活動をおこない、なおかつ支払うべき税金は払わん、とな?
    こんなクズどもに、巨大ブーメランよ、襲い掛かれ!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑