【補選の成果】民進・安住国対委員長「衆院選も野党統一候補が必要」との認識を示す。

公開日: : 最終更新日:2016/04/27 政治経済 ,

rresrr

スポンサーリンク

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

ちょっと前までは枝野幹事長が党内右派?連合?に気を使って、衆院選は政権選択選挙だから独自でやるなんて言ってたのに、補選で野党共闘がスムーズに機能したらあっという間に手のひら返しですね。でも、これでいいんです!市民が政治家を引っ張っていく、素晴らしいです!

野党共闘によって池田まき候補が猛烈な追い上げをするのを見て、最終日にはとうとう前原氏・細野氏が自ら北海道に入るまでになったんですからね。「共産党と共闘すれば保守票が逃げて票が減る」なんて話はまったくなかったわけです(保守票が逃げなかったのか、もうすでに逃げていたのかはわかりませんけどね)。もうここまでくれば民進党内の右派も騒がないでしょう。

政治状況はまだまだ厳しいですが、市民の皆様の頑張りが、野党共闘を進化・深化させているのは間違いありません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    圧倒的多数派の無党派の7割が池田氏を支持したのも大きい

    党の戦いではなく選挙は国民の戦いなんです

  2. 芋洗大師 より:

    本当にイライラさせられたワ。
    やっとわかったのか、アホめ。
    共闘せよ。
    安保法案廃止せよ。
    政権取ったあと、国民を裏切るなよ (怒)。

  3. ぐう〜たら親父 より:

    どこまで本気で共闘できるのかな?

    得とお手並み拝見させてもらいますわ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑