菅官房長官 大震災に当たるか「判断する余裕ない」⇒「#菅官房長官語で答える」祭りが再来!

ttrqqtttt

スポンサーリンク

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160427/k10010500501000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004
菅官房長官は衆議院内閣委員会で、今回の熊本地震が、安倍総理大臣が来年4月の消費税率の引き上げを見送る場合の判断材料として例示している「大震災」に当たるかどうかについて、「復旧、捜索に全力で取り組んでおり、判断する余裕はない」と述べ、言及を避けました。

菅官房長官は今月20日の記者会見で、同様の質問をされた際に「経済の好循環を力強く回していくということに全力で取り組んでいるわけで、そうした状況ではないと判断している」と述べ、「大震災」には当たらないという認識を示していました。

以下ネットの反応。


スポンサーリンク


以下「#菅官房長官語で答える」祭りの様子。

マスコミが追求しないもんだから安倍政権では前言撤回は当たり前になっちゃってますね。

「判断する余裕ない」なら不謹慎な政治資金パーティー開くのやめて、総理を始めとした閣僚の外遊やめて、一心不乱に震災対応に取り組むべきです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋洗大師 より:

    このしんねりキモいスダレ爺ィが好き放題言えるのは、クズマスコミがちゃんと仕事せえへんからや。
    権力の番人、社会の木鐸は返上したんか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑