熊本地震の死者、4分の1がいったん避難も自宅に戻り16日の本震で死亡。15日の政府「屋内避難指示」の検証を求める声

公開日: : 災害・気象情報

ttytt

スポンサーリンク

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160501/k10010505841000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001
熊本地震で死亡した49人のうち、少なくとも4分の1にあたる12人が、先月14日の地震でいったん避難したあと自宅に戻り、その後の16日の地震で建物の倒壊などに巻き込まれて亡くなったことがNHKの取材で分かりました。

これについて、耐震建築に詳しい東京工業大学の和田章名誉教授は、一連の地震が数日の間に震度7を2回観測するなど近年例がない状況だったと指摘したうえで、「内陸の地震では特に余震が多い特徴があるので、建物の安全性が確認されるまでは戻らないことが必要だ」と話しています。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

これ政府の「屋内避難指示」の検証は絶対にやらなければなりませんよね。もちろん余震が本震に変わるケースは初ですし、政府も天候の悪化が懸念されたために出した指示だったわけですが、結果として被害が拡大した可能性が大きいわけです。

どういった経緯で、誰の判断で「屋内避難指示」が出されたのかなどを検証せずにうやむやにしてしまえば、次の災害時にも同じようなことが起こる可能性が高まります。災害時の初動をもっとしっかりとしたものにするために、熊本地震の政府の対応の検証は絶対に必要です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋洗大師 より:

    責任取れ!
    屋内退避を呼びかけた安倍政権。
    それを垂れ流したNHK。
    もし地震により再び原発事故が起きたら(絶対あってはならないことだが)、屋内退避を呼びかけられても、出来るだけ早く現地を離れるべきだろうか?
    べきだろう。
    たとえ当座の被曝はあっても。
    のちのち、救助隊が来るという保証はないのだから。

  2. ちゃたぬき より:

    何にもいえなくなっちゃうね
    本地震が後に来るなんて誰も分からなかったし

  3. 白色彗星 より:

    屋内「避難」と「自宅に戻る」は全く意味合いが違いますねぇ。
    安倍首相の指示は、「安全な避難場所を確保して、そこに屋外避難者を収容しろ」ということです。
    日本語も読めないですかねぇ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑