”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【炎上】竹中平蔵氏「老後の生活を国は支えません。そんなことあり得ないんですよ」

投稿日:

0535b6f9

スポンサーリンク

http://www.minnanokaigo.com/news/special/heizotakenaka2/page2/
年金というのは、生きるリスクに対してかける保険「90歳まで生きるつもりでそこまでのお金を貯めていたけど、100歳まで生きちゃった」というリスクにかける保険です。

65歳から全員に年金給付していたら、実は消費税を30%にしてもダメなんですよ。これはもう明らかなこと。でも年金給付年齢を引き上げるとか、消費税増税を言い出すと、「弱者切り捨てだ」と世論がパニックになってしまって。

そもそも日本人は、社会保障に対して誤解をもっています。自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。保険は不測の事態に備えるものなんですから。

今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいることです。そんなことあり得ないんですよ。90歳、100歳まで生きたいんだったら、自分で貯めておく。それがイヤで、国に面倒をみて欲しいんだったら、スウェーデンみたいに若い時に自分の稼ぎの3分の2を国に渡すことです。

例えば年収1,000万円もらっているような、わりと高給取りなサラリーマンだとします。そのうちの600何十万を国に渡せますか?そういう国に住みたいですか?ということです。でもそうしないと、今多くの人が思っている、年をとったら国が面倒を見てくれるというような仕組みはできません。保険料にしても税金にしても、誰かがどこかで払っているお金。天から降ってくることはないんです。

極論ではなく、常識的な話だと思うんですが、日本は常識を言うとバッシングされたりするんですよね。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

日本国憲法第25条
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない

もはや何を言っているか意味不明ですね。憲法違反ですし、国というのは、市民が暮らしやすくなるためにあるのですから、こんなんだったら日本なんていりません。

そして年金の話になれば、世代間の不公平(年寄りは払った額より多くもらえ、若者は払った額よりも少額しかもらえない)がある制度で散々やってきた挙句にこんな発言ですから、舐めてるとしか言いようがありません。

こんな人が大臣だったんですから、そりゃ国もおかしくなります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.