声優・神谷明氏が「足早に歩いた」ことで職務質問され激オコ!ネット「キン肉バスターという手もあった」

2011-10-09-015644

スポンサーリンク

http://ameblo.jp/kamiya-akira/page-4.html#main
今、警視庁の警察官から不審尋問を受けた。

理由が、足早に歩いていたから・・・。

普段から足早だし、約束のお見舞い時間に遅れていて、そのお詫びの電話中にだ・・・。

名乗っても意に介してもらえず、ポケットから小さなバッグまで検査された。

職務とはいえ、理由が曖昧すぎる。

http://ameblo.jp/kamiya-akira/page-3.html#main
今日は良い勉強をさせていただきました。

これから、自分の演技の参考にしたいと思います。

特に、1人の方の目は怖かったですね。

その目からは、感情のかけらも読み取ることが出来ませんでした。

役者の私に見抜けない無感情な目の演技・・・賞賛に値します。

でも、実は見抜いていたりして・・・(役者を舐めるなよ)。

http://ameblo.jp/kamiya-akira/page-1.html#main
ボクが悔しくて悲しかったのは、警察官達の問答無用の対応でした。

怪しい(感じであろうとなんであろうと)と思えば、相手の言うことなど聞く耳を持たないという態度です。

「言うことを聞け!」ですね。

一寸の虫にも五分の魂などもってのほか、正しいのは「怪しい」と判断した自分なのです。

職務に忠実・・・確かに言われてしまえばそうかもしれません。

でも、その判断の誤りを認識せず振りかざせば、それは暴力です。

そして、ボク自身、あれ以上抵抗すれば、公務執行妨害と言われると思いました。

あの状況で、バランス感覚を失わなくて良かったです。

それが、有無をいわさず持ち物を検査されなければいけないのでしょうか。

職務質問冒頭の挨拶も高飛車でしたね。

もちろんお詫びの言葉などあろうはずもございませんでした。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

早足で職質なら、ランニングは即逮捕で、ダッシュは〇砲?神谷氏もさぞ「お前はもう・・・」と言いたかったことでしょう。伊勢志摩サミットで厳重警戒なのはわかりますが、警察も居丈高な態度はなんとかしたほうがいいですよね。

キン肉マン(神谷明)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. ikumen より:

    自分も、育児休業開けた妻に代わり、1歳の子育てを始めた頃、理不尽な警官に遭遇した事がある。
    午後、まだ乳が恋しい子どもを寝かし付けるため、抱っこして1時間ほど散歩して、ようやく眠ったので家路に着き、家まであと少しというところだ。
    道路の反対側の踏み切りで交通取り締まりをしていた警官に呼び止められた。
    「ちょっと、待って」
    「人形か?」
    「生きてるのか?、見せてみろ!」
    とまるで赤ん坊の死体を抱いて歩いているように言われたので、仕方なく体を起こして顔を見せたら子どもが起きて泣き出してしまった。それまでの一時間が無駄になったので、
    「今寝たところだったのに!」
    「生きてるに、決まってるでしょうが!」
    と睨みつけたら、謝りはしなかったがさすがにバツが悪そうに、すぐ帰してくれた。
    地方の派出所勤務の警官なので、多少人間味はあったかもしれないが、平日の昼間に男が赤ん坊を抱いて歩いている状況を異常と判断し、警官なら自分の主観で何しても許されるのかと腹を立てたのを思い出した。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑