”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【甘利・舛添】政務活動費440万円のうち274万(年間)を返還した議員が千葉県議会にいるらしい

投稿日:

i320rrrrrrrrrreerrttttrryytt

スポンサーリンク

http://seijiyama.jp/article/news/nws20160602.html
舛添要一・東京都知事の政治資金流用疑惑や、甘利明・前経済再生大臣の口利き疑惑の不起訴など、「政治とカネ」の問題は参院選の一つのテーマとなりそうです。政治とカネの話になると、日ごろの雄弁が途端に聞こえなくなる議員も多い中、千葉県議会の水野友貴議員(33)は昨年度、余った政務活動費274万円余を返還しました。地方と国会合わせて3万人以上いる議員の中でも、政治資金の使途を限定してこれだけの多額を返金するケースはあまり耳にしません。水野議員にその真意を寄稿していただきました。

しかし、『政治とカネ』の問題は後を絶たない。舛添要一都知事を皮切りにまたもや政治家のカネに対する意識が問われている。地方の首長や議員だけではない。国会議員の文書通信交通滞在費もクローズアップされている。文書通信交通滞在費は月100万円国会議員に交付され、第2の給与状態となっている。問題なのは使途の公開義務がないということだ。それでは歳費と何ら変わりはない。まず政治家に求められていることは「税金」である意識の徹底であり、有権者は自分の住んでいる地方議会に目を向けることであろう。

http://seijiyama.jp/article/news/nws20160602.html
1983年生まれ、33歳。我孫子市出身。津田塾大学(国際関係学科)卒業。日系民間企業にて役員秘書を務めた後、民放報道局にてBSフジ『PRIME NEWS』のキャスティングなどを担当。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、生まれ育った我孫子市に貢献するため我孫子市議会議員選挙に出馬し同市議会最年少議員に。昨年4月の千葉県議選に立候補し初当選。真に市民の為に仕事をするには、組織や政党はしがらみに過ぎないという考えと、地方政治の制度からも是々非々のスタンスで無所属を一貫している。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

お金も使い道次第なので一概に節約・返還がいいとは言えませんが、「使途の公開義務」を求める上でも水野議員の行動には意味があると思います。そしてこんなまっとうな議員がいることを多くの人に知って欲しいですし、存在感を高めて欲しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.