”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【参院選】共産党の1人区候補者取り下げは新聞「赤旗」が売れなくなったから?

投稿日:

0021024100

スポンサーリンク

http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/POL/24261
「2001年の約350億円をピークに、2014年には約224億円にまで党収入が激減しているのです。共産党は政党助成金の受け取りを拒否しており、収入の約85%を機関紙『赤旗』に依存している。部数減が党収入に直結するのです」

 「赤旗」の収入減を穴埋めするように、共産党はここ10年間で、次々に不動産を売却している。2007年に死去した宮本顕治元議長の自宅は、多摩市の閑静な住宅街にある。その敷地は、死去の翌年から、少なくとも3度にわたって切り売りされ、1億8000万円以上になった。

それを知れば、“躍進”の下馬評も薄寒く聞こえる。共産党本部に問い合わせると、「参院1人区での候補取り下げは(党の財政事情とは無関係で)野党共闘成功のためであり、それ以外の意図はありません」。不動産売却は、赤旗の部数減とは関係なく、あくまでも「党本部ビル建設にともなう整理・統合」との回答だ。

 今後も政党助成金を受け取らないという気概が党勢拡大の源だが、収入拡大の道は見えない。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

まあ事情は色々とあるかも知れませんが、こと金に関しては共産党はどこの政党よりもクリーンで信頼できる政党です。なんてったって、他の党が受け取っている政党助成金(我々の税金であり、年間数億~数百億)を受け取らずに活動しているんですからね。

金にクリーンだから共産党の主張は説得力があるんですよね。政党助成金をたんまりもらい、大企業から政治献金まで受け取っている自民党の主張が怪しいのは、やはり金に汚い議員ばかりだからだと思います。

o0480040012913260247

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.