圧力問題で琉球新報と沖縄タイムスの両編集局長が記者会見。「表現の自由への挑戦」「民主主義の危機」と強く訴える。ネトウヨは問題が認識できず、一つ覚えの沖縄2紙攻撃。

rrrrrrrrrrrraaa

自民報道圧力問題で「沖縄2紙はつぶさないといけない」と名指しされた琉球新報と沖縄タイムスの両編集局長が2日午後、東京千代田区の日本外国特派員協会と日本記者クラブで相次いで会見しました。

「民主主義の危機」 県内2紙編集局長、東京2カ所で会見http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-245186-storytopic-289.html
琉球新報の潮平芳和編集局長は「この国の報道の自由、表現の自由、民主主義は危機的な状況にある」と指摘

沖縄タイムスの武富和彦局長は「政権の意に沿わない新聞は許さないという姿勢は民主主義の根源である報道の自由を否定する暴論だ」と述べた。

「言論の自由への挑戦」=自民「報道威圧」を批判—沖縄2紙編集局長会見http://jp.wsj.com/articles/JJ11508285075133584093019908438370183566915
武富氏は「沖縄の世論を正しい方向に持って行くにはどうしたらいいかという(自民議員の)質問もあったが、そういう質問には自分たちこそ正論だというおごりがある」などと批判。「沖縄県民をばかにした発言だ」と憤った。

 潮平氏はさらに、「表現、言論の自由に対する挑戦、挑発だ」と指摘。「沖縄2紙だけの問題に矮小(わいしょう)化しないで」と訴えた。

 武富氏も「発言には報道の自由を否定する思想が根底にある。全てのメディアに向けられる恐れがある危険な思想だ」と述べた。 

百田氏より「自民議員」の方が問題 沖縄2紙、「つぶさなあかん」発言で会見http://www.j-cast.com/2015/07/02239307.html
沖縄タイムスの武富氏は、

「1番の問題だと感じているのは、百田さんの言葉を引き出した自民党の国会議員だと思っている。沖縄の世論を『ゆがんでいる』として、『正しい方向に持って行くにはどうすればいいのか』という質問は、沖縄県民を愚弄するもので大変失礼だと感じる」

などと述べ、百田氏の発言そのものよりも、そのきっかけになった自民党議員の質問を問題視。

「安倍首相が謝罪すべきだ」http://www.bengo4.com/other/1146/1307/n_3331/
外国メディアの記者から「安倍首相は謝罪すべか」と問われると、潮平氏は「謝罪すべきだ」とキッパリ。「誰がどう見ても、自民党議員が問題発言をしたので、もし問題だという意識があるのなら、議員を諌めるのが責任のある態度だ」と述べた。

報道圧力発言:表現の自由危うい…沖縄2紙編集局長が批判http://mainichi.jp/select/news/20150703k0000m040096000c.html

「表ざたになってよかったという思いもある。2紙だけの問題ではなく、全メディア、言論の自由への挑戦だと感じているので、共にあらがっていきたい」

「今回の問題が、言論・表現の自由を再生、強化する機会になれば」〜沖縄タイムス・琉球新報の編集局長が会見http://blogos.com/article/120207/?p=3
集団的自衛権の問題、TPPの問題、あるいは原発政策の問題、在京のメディアを見ると賛否が真っ二つという風に見えます。しかしここで私たちが強調したいんですが東京のメディアの常識が、日本のメディアの常識ではないということです。日本には50以上の地方新聞、地方紙、ブロックしがありますけれども、その仲間たちのスタンスは集団的自衛権の問題にしろTPPの問題にしろ原発政策にしろ、大半が批判的です。

これ以上は申し上げませんが、海外のメディアの皆さまには、東京の視点だけで日本の政府や政党を評価するということは、今日を機会に改めていただければなと考えています。

「報道威圧発言」に外国人記者は? 沖縄2紙は怒りをあらわに

rrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrraaarrrrrrrrrrrraaaaarrrrrrrrrrrraaaaaggrrrrrrrrrrrraaaaaggqqrrrrrrrrrrrraaaaaggqqaarrrrrrrrrrrraaaaaggqqaazz
rrrrrrrrrrrraaaaaggqqaazzhhqqrrrrrrrrrrrraaaaaggqqaazzhhqqffrrrrrrrrrrrraaaaaggqqaazzhh

以下ネットの反応。

百田氏より「自民議員」の方が問題・「安倍首相が謝罪すべきだ」・「この国は全体主義に一歩一歩進んでいる」・「民主主義、危険な状況」・「言論の自由への挑戦」などなど民主主義の根幹を揺らがすような今回の百田氏と若手自民党議員の発言に対して、非常に厳しい言葉が各紙の見出しに踊っています。

与党幹部が慌てに慌てて国民にメッセージを発信し、外国人ジャーナリストは呆れ果てた今回の百田氏と若手自民党議員の発言を糾弾している沖縄2紙の会見を見て、沖縄2紙を叩いてるネトウヨは本当に知的レベルが凄まじく低いですね。

今回の発言ではもう沖縄2紙がどうとかいうレベルを超えた話というのがわからないのでしょうか?もうネトウヨ君たちが自由気ままに発信しているたわごとも発信できなくなる危機というのが理解できないんでしょうね。「表現の自由」が担保されているからこそ、こうやってネットでも発信できるということすらわからないんでしょう。

やはり、今回の件は国会で徹底的に追求すべき事案だと思います。そして、「表現の自由」を国民的な議題にすべきでしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑