【悲報】日本株の年初からの下落率、中国株よりも酷いことが判明!

公開日: : 政治経済

年初来の主要市場の動き
img_255259cf146eb50e6ba124643550e4ec96097

スポンサーリンク

先週の主要市場の動き
img_6de6a65672eefc533ea7d90def01322170525

http://www.toushin-1.jp/articles/-/1687
実際、英国(FT100)は対前週末比+2%上昇し、週間ではトップパフォーマーでした。ブラジル株(ボベスパ)なども上昇しています。主要市場はおおむね下落していますが、ドイツ(DAX)、米国(S&P500)、中国(上海総合)はそれぞれ同▲1%、▲2%、▲1%の下げにとどまっています。

一方、下げが厳しかったのは円高が直撃した日本株(TOPIX)やイタリア(FTSE MIB)などで同▲4%、▲7%となりました。日本株は着々と年初来のワーストパフォーマーのポジションを固めつつあります。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

米国(S&P500)なんて年初からほとんど落としてませんし、日本株(TOPIX)はバブルが崩壊したと言われている中国(上海総合)よりも落としているんです。先週も日本株だけ落としまくってます。

いかに、日本の経済が弱く、外的要因に左右されまくる状態なのかがよくわかりますね。お金刷りまくり、株突っ込みまくりでブクブクにした株バブル(アベノミクス)の実態がよくわかる図です。しかも、こうしたヤバい状況になった時にやらなきゃいけないはずの追加緩和なんかを、アベノミクス劇場のためにやってしまっているので、打つ手がありません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. ikumen より:

    アベノミクスの失敗は誰の目にも明らかなのに、野党の支持が延びないのは、景気浮揚の具体策を示すことができていないからでは。
    ライバル商品の欠点をいくら言っていても、自分たちの商品にこれという魅力が無ければ、なかなか消費者には買ってもらえない。欲しいものが無ければ、誰も買い物にも出かけない。
    野党には多くの無関心層をわざわざ投票に向かわせるウリが欲しい。安全保障や、憲法の問題が重要なのは当然なのだが、残念ながら多くの国民は自分の生活圏外の話題には鈍感だ。その目線まで下りた、「目玉商品」が必要だ。どうせこの選挙での政権交代はないのだから、思い切った追加の政策を打ち出して欲しい。
    自分自身、積極に投票したい政党は、、まだ見当たらない。絶対に支持しない方は揺るぎないので、投票には行くが。

  2. 匿名 より:

    今回のイギリスの国民投票を受けての下落もリーマンに比べたら全然少ないし既に買い戻しが始まってるのに、「世界的経済危機にしたいヤツら」が多すぎる。
    これはウヨサヨ関わらずだが、サヨの「年金がー」が根拠のある事実なのに対して、ウヨの「あべさまのよげんてきちゅ〜」が明らかな問題すり替えなのは注意されたし。

  3. 匿名 より:

    ミンシュガーチュウゴクガーイギリスガーサヨクガーヤトウガー

    保守って都合の悪いことは全部人のせいにして、言い訳と悪口しかいわないよな、あとはデマ。
    こんなカスみたいな連中が日本の誇りだ文化だとほざくなよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑