”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【若者の破産】神田うのが奨学金返済について言及「(世間を)甘く見てますよね。自分で借りてるわけだから、ちゃんとお返ししないと」

投稿日:

yytgrttyyyttttytt

スポンサーリンク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000004-jct-ent&
奨学金をめぐる神田さんの発言は、2016年6月30日放送の情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)で飛び出した。番組では「若者が破産...『奨学金制度』のゲンジツ」と題し、奨学金の返済を滞納し、自己破産に追い込まれる若者が急増しているという問題を特集した。

 その一例として、在学中に月8万円の奨学金を受け取っていた男性のケースが紹介された。この男性は、卒業から半年後に月あたり約1万6000円の返済が始まったが、徐々に返済が滞る状況に。その後、返済を求める連絡が職場にまで及ぶようになり、会社からの信用はガタ落ち。さらには裁判所からの督促状も届くなど、軽い気持ちで借りた奨学金に後悔する若者の姿が再現VTRで取り上げられた。

 コメンテーターとして番組に出演していた神田さんはVTRの終了後、画面がスタジオに戻るやいなや、「(世間を)甘く見てますよね」とピシャリ。「自分で借りてるわけだから、ちゃんとお返ししないと」と続け、「自己責任論」を展開した。

 番組出演者からは「奨学金には借金しているって感覚がないのかも」と擁護する声が飛んだが、神田さんは「う~ん」と納得いかない様子。さらには、

  「月々8万円も借りてたわけだから…。それが月1万6000円、20年やればいいんでしょ?頑張れば返せそうだけど」

との発言も飛び出した。続けて、「1万6000円でしょ?飲みに行かなければいいんだ、飲み代を削ろう!」といった「返済法」も提案していた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。


gn-20140618-02
・17、8歳時の判断で数百万の借金を背負わせる社会的構造(大学生の2人に1人が奨学金を利用しています)
・ずっと健康で働けるという前提
・雇用環境の劣悪化(非正規・ブラック・賃金低下)

などを少しでも考えればこんな発言できませんよ。

でも、こういった事実を世の中の動きに関心がなければこの世代の人間(子供がいても大学生にはなっていない)が知らないのもわかるんです(僕も恥ずかしながら数年前まで知りませんでした)。

ぜひ、こういった有名人の発言をきっかけに多くの中年が日本の若者が置かれている酷い状況について認識を深めて欲しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-社会保障, 社会問題
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.